2019年09月06日

塾で生徒の成績を上げるために必要なこと

みんな何のために学習塾に通うのかと言えば、それは成績を上げるため、勉強ができるようになるため。

塾に通ってその目的が達成できたかどうかいつ分かるのか?

それは、テストの結果が出たときです。

でも、「勉強ができるようになっている」としてもテストに結果が出ない場合があります。

それは、生徒の基礎力が不足しているために、その基礎力を補う指導をしている場合。

以前の学年の勉強をしていて、テスト範囲の勉強ができないときには、実際にその生徒が力をつけて来ていたとしても、その力はテストの結果として現れません。

こういう生徒の場合は、目先の結果だけを追い求めるのではなく、もっと先、例えば「○○高校に合格する」という目標に向かって勉強を進めることが大切です。

「普通の子」を大きく伸ばす 塾、先生の選び方

小林 茂 現代書林 2017年02月16日
売り上げランキング :
by ヨメレバ


学習塾で生徒の成績を上げるために一番大切なことは、学習した内容を定着させる技術を持っていることです。

いくら丁寧に説明し、子どもの問題を解かせても、その内容を理解し問題を解くときに使いこなせるようにしなければ「勉強した」ということにはなりません。

勉強とは、できないことをできるようにすること、新しい知識を入れ、それを使って問題を解けるようにすることです。

これは、学校の勉強だけでなくすべてについて言えることだと思います。

ただ授業を受けただけで満足、これは勉強とは言えません。

このことは保護者、生徒自身も分かっているのですが、いわゆる成績上位者の生徒以外は実践することが難しいのが現実です。


成績を上げる基本はどれも同じ

成績を上げる、学習内容をしっかり覚え使いこなせるようにする基本は、復習です。

繰り返し練習。

これだけです。

みなさん、九九を思い出してください。

九九を覚えるときどのようにして覚えましたか?

何度も、何度も唱えるように口にして覚えたでしょう。

基本はこれです。

この繰り返しの練習を生徒にさせられる塾が、生徒の成績を上げることができる学習塾。

私は、こう思っています。








posted by 吉原教室 at 12:47| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

お世話になっているサイトリンク集