2020年03月30日

学校再開は遠のくのか

新型コロナウィルスの影響で、4月からの学校再開が遠のきそうです。

今の状況では、これは仕方がないのかもしれません。



ウィルス感染の急激な増加を抑えるために出された休校措置、1か月程度で効果が出るはずだと考えたのが甘かった。

コロナウィルスの脅威は、世界的なものになり、文科省は「家庭で学習できるリモート学習」を薦めはじめました。

薦めはじめられても、学校の現場では全く準備ができていない状態。

結局は、インターネットを利用して学習を提供している企業に協力を求めるしかないということになりそうです。

教育も大切ですが、最も大切なのは「命」です。

命を守るための政策が最優先されるべきことは当然です。

ただ、全く感染者がいない地域も一律に休校という措置になるなら、疑問がありますが。

posted by 吉原教室 at 13:31| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

あと数日で新年度

仕事柄、お正月よりも「新年度」となる4月が気持ちが切り替わるときです。

新年度の目標は2つあります。

ミーハーな目標ですけれどね。



1つ目は、学習動画の登録人数の10万人越え。

2つ目は、ラジオ番組に出ることです。

1つ目の目標は、職業が学習塾講師なので、より多くの人に勉強って面白いんだよって知ってもらいたいという気持ちからのもの。

今作っている歴史の動画なんかも、教科書に書いてないことをたくさん入れて、歴史の裏側とまではいかないけれど、そういう部分を知って誰かに話してみたいと思ってもらいたい。

歴史に興味を持ってもらいたいそういうことなので・・・

2つ目は、「エッ!!ラジオなの?」って思った人いるかもしれませんね。

そう、ラジオなんですよ。

ラジオを通して、いろいろなことを発信してみたいということ、テレビの場合カメラを意識してしゃべれなくなりそうだし、テレビ映りも悪いし。

もちろんしゃべりたいことは、学習に関すること。

動画と関連して、歴史の裏話とか、数学の勉強法とか、脳の働きについてとか。

ラジオ番組に関係している方、教育関連の話題を取り上げたいなというときには、ぜひ私を呼んで下さい。

以上新年度の目標でした。

ちなみにブログで使っている写真、すべて私が撮影したものです。

写真素材ダウンロードサイト【写真AC】に無料登録すれば、だれでも無料でダウンロードすることができます。
posted by 吉原教室 at 15:17| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

昨日は、市内の中学校の卒業式

昨日は、富士市内の中学校の卒業式でした。



コロナウィルス対策のため、在校生がいない、ちょっと寂しい卒業式でしたが、4月から新しい生活が始まります。

高校合格は、新しい夢にたどり着く第一歩の始まりです。

次に会うときにも、笑顔で挨拶できることを祈っています。

卒業おめでとうございます。




ラベル:行事 学校 卒業式
posted by 吉原教室 at 13:14| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

公立高校合格発表  桜が咲いた・おめでとう

昨日は、静岡県の公立高校の合格発表の日。

全員合格、桜の花が咲きました。



高校入試の直前に、コロナウィルス騒動!!

どうなるんだろうと心配しましたが、入試は予定通り行われ、結果も出てホッとしました。

みんなおめでとう。

そして、朋徳学院で学習してくれてありがとう。

あた、明るい笑顔で会える日を楽しみにしています。

ラベル:合格発表
posted by 吉原教室 at 12:47| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

3月は小中学校、高等学校も休みになる、それでいいのかな?

小学校・中学校・高等学校が3月3日から春休みまでお休みになることが決まりました。

新型コロナウィルスによる肺炎を防ぐためですが、この決定本当にこれでいいのかという疑問があります。

「今回は当然の処置」と考える人からしたら、きっとおしかりを受けるでしょうね。



学校を休校にするのはいいとしても、それで保護者や子どもたちはどうすればいいかが考えられていない、学校を休校にしろと言っておいて、あとは各自治体に任せるという無責任さ、これを感じてしまいます。

政府の方針が「場当たり的」「その場しのぎ」に見えます。

だって、「学校に行かない子どもたちはどうすればいいの?」と質問したら、「それは自分で考えて下さい」っていうだろうし、両親ともに働いている家庭で「だれが子どもを見るの、世話をするの」と聞いても「自分で考えて行動して下さい」だろうしね。

それに今、シングルペアレントの家庭も多いんですよね。

うちの塾生の4分の1ちょっとがシングルペアレント家庭。

子どもを1人で家に残しておくのはとても不安だと思いますよ。

昨日塾に来た小学生のお母さんお話だと「たくさんのプリントを渡されて、これを家庭でやらせて下さい」学校もどうしたらいいか分からないから、とりあえず3月中に勉強するプリントを生徒に渡しておこうということなんだろうと思う。

またある大手予備校は、塾協会のほうから「予備校や学習塾も授業を休むように」と要請があったということです。

それで、2週間程度授業を休むことにしたと連絡がありました。

「子どもたちを家に閉じ込めておけば大丈夫、感染は広がらない」という安易な考えに賛成できません。

子供は勉強が嫌いだから、学校に行くなといえば子どもは喜ぶとでも思っているのかな???

学校を休む子供たちはどうすればいいの?

「児童クラブに行けば」という人もいましたが、それじゃあ学校を休みにする意味がないです。

この問題に対して答えは出ないんですが、学校を1か月も休む子供たちやその保護者のことも考えて政治をしてほしい。

政治家を選んだのは自分たちだから、その反省も含めて考えて今回のことを考えてみました。





posted by 吉原教室 at 13:10| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

お世話になっているサイトリンク集