2014年09月18日

スピードラーニング3代受講

このブログでも書いていますが、私はスピードラーニングの教材を、スピードラーニング・ジュニア、そしてスピードラーニング英語、今は、スピードラーニング・ビジネスというように、いわばスピードラーニングの3世代を受講し、そして今も受講している最中です。

「聞き流すだけで英語が話せるようにならない」と批判する人もいますが、実際に話せるようにならないのなら私はこんなに受講を続けたりしてはいません。

今まで教えられてきた、あるいは体験してきた英語学習の方法から見たら、話せるようにならないという気持ちになるのは分かります。

英語をマスターした人もいます。

でも、その方法でも全員が英語を使えるようにならなかったでしょう。

1スピードラーニング英語 036.JPG

スピードラーニング3代受講の続きを読む>>
posted by 吉原教室 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

私の使っている教材

私は今、スピードラーニング・ビジネスを利用して、1年間でビジネス英語をマスターしようとしています。

この教材については、朋徳学院学習ブログではなく「英語の神様になれたら」のサイトのほうに記事をまとめています。

ビジネス英語をマスターしようとする方の教材選びの参考に、こちらの記事も読んでみて下さい。

スピードラーニング・ビジネスのコンセプト
スピードラーニング・ビジネスが届いたよ
スピードラーニング・ビジネスのビズペディア




posted by 吉原教室 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

プレゼント期間延長決定!!

スピードラーニングの『SLワードパートナー』第1巻をプレゼント期間が延長されました。

できたら、同じ教材での学習仲間が増えてほしい私としては、ちょっと嬉しいです。

さて今日の聞き流し時間は、ちょっと短めの100分でした。


スピードラーニングの詳細は公式ページで>>

2月の聞き流し累積学習時間 1時間40分(目標まで38時間20分)
学習開始から2014年1月末までの聞き流し合計時間 122時間
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です。


posted by 吉原教室 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

1か月の聞き流し時間、目標達成

忙しくて、3日間学習記録は付けられませんでした。

その3日間で、1か月の聞き流し目標時間40時間を達成しました。

11月から目標を立てて、初めて目標を達成。

とてもうれしいです。

28日には100分、29日は90分、昨日がやはり90分、今日は父兄面談、学習相談のために聞き流しは出来なかったので、0時間でした。

でも3日間の合計が280分、つまり4時間40分。

1月の37時間10分にこの時間をプラスすると、41時間50分。

目標としていた40時間を、1時間50分超えることができました。


スピードラーニングの詳細は公式ページで>>

1月の聞き流し累積学習時間 41時間50分(目標を1時間50分超えました)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です。




posted by 吉原教室 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

聞き流し時間をどうやって計っているか

「聞き流し時間をどうやって計っているの?」とブログを読んでいる友人から聞かれました。

仕事をするとき、1つのことについて50分単位でするようにしています。

そして、キッチンタイマーを50分にセットして仕事を始めます。

そしてこれに合わせて聞き流しをするようにしています。

これで簡単に、何分聞き流しをしたか計算出来ます。

もちろん、全ての仕事について聞き流しをしながらできるわけではありません。

でも、教室の片付けと掃除、プリントの準備、テストの採点と資料作りなどの時間は、たいてい聞き流しをしています。

そして、今日の聞き流し時間は、130分。

聞き取れる英語がどんどん増えていくのを感じています。

1月中に申し込むとSLワードパートナーがついてきます。


スピードラーニングの詳細は公式ページで>>

1月の聞き流し累積学習時間 37時間10分(目標まで2時間50分)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です

今月は、学習開始してから始めて目標時間を達成できそうです。

うれしい!!




posted by 吉原教室 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

エスプリラインさんのサポート

私が、スピードラーニング英語という教材を選んだ理由の1つに、サポートがしっかりしているということがあります。

最初の3カ月がしっかりできれば、英語学習を楽しく続けられます。

でも英語学習を初めても、すぐに挫折してしまう人がたくさんいます。

基本的に通信教育でも市販の教材を使ったものでも、語学学習は、自学自習が基本になります。ですから、自分の学習にこれで正しいのか、本当に英語が話せるようになるのかという不安が生まれやすく、気持が折れやすいのです。

安心が持てれば、必ずもっと学習が続くはず。

一緒に頑張っている仲間がいれば、さらにやる気が出て頑張れます。

エスプリラインさんは、安心して学習できる仕組みをサポートとして提供してくれているのです。

それは、以前書いたフリートークサポートデスクの存在だけではありません。

スピードラーニングを始めたばかりの人や「聞き流し」に不安を持っている人のために「ビギナーズ☆ワークショップ」というイベントも開催しています。

このイベントでは、『スピードラーニング』の効果的な聞き方や上達方法を教えてくれます。

「イベントに行ってみたいけど、 会場が遠いから簡単には行けない」という人のためには、「Usteream」配信でイベントに参加できます。

日本のどこにいてもイベントに参加できるというわけです。

「Usteream」配信でイベントに参加する方も、チャット形式で質問をすることが可能になっています。

他の通信教材では、なかなかここまではやってくれませんよね。


スピードラーニングの詳細は公式ページで>>

今日に聞き流し時間は、160分でした。

1月の聞き流し累積学習時間 35時間(目標まで5時間)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です



posted by 吉原教室 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

英語ができるようになる人にはわけがある

同じ教材で学習していても、英語がしゃべれるようになる人とそうでない人が出てきます。

それはなぜでしょう。


● できない人は

できるようにならない人は、できない理由をほかのことのせいにします。

英語をしゃべれるようになることを、自分のこととして考えていないのです。

今日は気分が乗らないから、仕事が忙しくてできない、落ち着いて学習する場所がないからなど、自分が置かれている環境が悪いから学習ができないと考えます。

英会話学習という新しいことを始めるのに、理想的な環境を求めてしまうのです。

自分の置かれている環境に文句ばかり言っています。

英語がしゃべれるようにならない人は、できない理由を集めて、失敗するための行動をしてしまうのです。


● しゃべれるようになる人は

これに対し、英語をしゃべれるようになる人は、どうしたら学習ができるかを考えます。

できるための理由を集めて、できるようになるための行動をし、できるようになるまで行動しています。

自分が置かれている環境に不満を持ちません。

今自分がいる環境の中で、どうしたらできるようになるかだけを考えて行動します。

これは大きな差ですよね。

あなたがもし英語をしゃべれるようになりたいのなら、どうしたらできるようになるかを自分に質問してみて下さい。

そして、自分のできることをやっていけばいいのです。


スピードラーニングの詳細は公式ページで>>

今日に聞き流し時間は、90分でした。

1月の聞き流し累積学習時間 32時間10分(目標まで7時間50分)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です。



posted by 吉原教室 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

最初の3カ月でつまずくのは

昨日の学習記録のところで、英語に慣れて英語が楽しく感じられるようになるまで、3カ月程度かかりますと書きました。

でもこの3カ月が続かない人もいます。

また、3カ月続けても英語が楽しくならない人もいるかもしれません。

それはなぜかということについて、考えてみました。

第1に考えられることは、目標がはっきりしていない場合です。

ただなんとなく「英語ができるようになれたらいいなあ」では、英語の聞き流しをいくら続けても楽しくなりません。

何のために英語がしゃべれるようになりたいのか、英語を使って何をしたいのかが無いのですから、どうしても「聞いても聞かなくてもいいや」という気持ちになりやすいです。

でもこんな場合もあります。

英語を話せるようになりたくて、聞き流しを始めて、その中で目標が見つかる場合。英語を聞き流していく中でその内容に好奇心が刺激されて、自分が英語で何をしたいか新しく目標や夢が生まれることもあります。

でも、夢や目標を持って英語学習を始めたほうが、途中で学習を投げ出すことは少ないでしょう。

なぜなら、英語を聞き流しながら自分が「目標」や「夢」に近づいていくのが実感できるのですから。

2番目は、英語の聞き流しが義務のように感じてしまう場合。

これでは学習を楽しめません。毎日2時間は聞くとか、とにかく休まないで聞き続けるとか、義務として自分に押し付けてのでは、1日でも自分に課した課題を達成できない日があると気持ちが切れてしまうこともあります。

自分に課題を課すことも大切ですが、それにこだわらないことも必要です。たとえその日課題をこなせなかったとしても、気にしないこと。次の日はこなせるようにすればいいのです。

また無理な課題を自分に課さないこと。最初がんばっても、意欲が続かない原因にもなります。

ある程度心に余裕がないと、学習は続きません。


スピードラーニングの詳細は公式ページで>>

今日に聞き流し時間は、130分でした。

1月の聞き流し累積学習時間 30時間40分(目標まで9時間20分)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です。



posted by 吉原教室 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

英語が楽しく思えるまでに3カ月

スピードラーニングでは、英語の聞き流しから学習が始まり、そこからステップアップしていきます。

なぜ英語の聞き流しから始めるのでしょうか?


● 苦しい勉強は必要ない

英語が話せるようになりたいという人の中には、学校の英語は苦手だった、テストは出来なかった、だけど英語を話せるようになりたいという人がいると思います。

そういう人は、どうしても机に向かって英語を勉強すると学生時代のマイナスのイメージばかりが頭に浮かんでしまうのではないでしょうか。

これでは学習を続けることができません。

せっかくの「英語を話せるようになりたい」という気持が、しぼんでしまいます。

もったいないことです。

まず、今までの勉強という概念を全て捨てる必要があります。そして、英語に対するマイナスのイメージを消すことも。

そのためにすべきことが英語の聞き流しです。

「英語を聞き流すだけではしゃべれるようになるわけがない」という書き込みをWeb上で見ることがありますが、それは英語がある程度得意だった人の意見ではないでしょうか。

また、「本気で英語を勉強すれば必ず話せるようになる」という根性論に近い意見もありますが、根性がない人は挫折しますし、挫折する人のほうが断然多いというのが現実です。

この2つの意見は間違いではありません。

でも、これでは英語があまり得意でなかった人は、いつまで経っても英語を話せないまま。あるいは、根性を入れて苦しい勉強を続けなくてはならないということになります。

英語は言語です。

言語は、学習を継続することができれば、少しずつ身についていくものです。

仕事ですぐにも必要などという、短期間での学習成果を望むのでなければ、何も苦しみながら身につけなくてもいいのではないでしょうか。


● 長く続けるには

英語が苦手だった人が、英会話ができるようになるために、机に向って苦しい勉強をする必要はありません。

苦しいより楽しいほうがいいですよね。

でも、いっきに楽しくなるというのも無理なこと。

最初にすべきことは、英語が苦手だという意識を少しずつ減らしていくことです。

そのためにするのが、英語の聞き流し。

英語を聞く音で、英語の音に慣れていきます。最初は、なかなか聞き取れないかもしれませんが、毎日英語を聞くことで、しだいに耳が英語の音に慣れていきます。

そして、ぽつぽつとですが、英語の単語が聞き取れるようになります。

ぽつぽつでも聞き取れるようになったということは、英語の音に耳が慣れ苦手意識も減ってきているはず。

また、聞き流しをしながら聞こえてきた音を思わず真似してみることもあるかもしれません。

このような変化が出てくるまでにかかる期間が3カ月くらいです。

英語が口から出るようになっても、まだ英語を話せるわけではありません。でも自分の変化に自分で気づいて、英語が楽しく思えてくるはずです。

英語の聞き流しは、英語を話せるようになるための第1歩。

私は、そう思っています。


スピードラーニングの詳細は公式ページで>>

昨日の聞き流し時間は130分、今日は140分でした。

1月の聞き流し累積学習時間 28時間10分(目標まで11時間50分)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です。



posted by 吉原教室 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

スピードラーニングビジネスが出た!!

1月8日(水)にビジネス英会話教材 『スピードラーニング・ビジネス』が発売されました。

スピードラーニングのラインナップが、また1つ増えたわけです。

この教材は、もちろん名前が示す通り、ビジネスに特化した内容になっているようです。

私が受講しているスピードラーニング英語と同様に、聞き流しながら英語の苦手意識をなくすことができ、日本とアメリカでのビジネスの違いが分かるようになっていると言います。

月2回のフリートークとスマートフォンで聞ける無料アプリはもちろん、10日間試せる無料試聴用CD付で、途中での受講停止は自由です。

でも、CDの攻勢がスピードラーニング英語とは違っています。

英語→日本語、英語のみに加えて、シチュエーションパートナーという「英語を話すための練習CD」がついています。

これを知って、スピードラーニング英語にもこのシチュエーションパートナーがついたらいいのに、なんて思ってしまいました。

今日の>『スピードラーニング英語』の聞き流し時間は、140分でした。



スピードラーニングの詳細は公式ページで>>

1月の聞き流し累積学習時間 23時間40分(目標まで16時間20分)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です。




posted by 吉原教室 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

記録はこまめににと思うけれど

スピードラーニングの聞き流しの記録はこまめにと思うんですが、・・・

13日から15日までの3日間全くつけいていませんでした。

さすがに反省、今日も残りあと6分というところで、記録をつけます。

13日から、今日16日までの聞き流し時間は、13日が150分、14日が90分、15日が180分、そして今日が150分、合計で570分の9時間30分でした。

これから反省して、こまめにつけます。

今スピードラーニングを始めると、『SLワードパートナー』第1巻をプレゼントしてくれるそうです。


スピードラーニングの詳細は公式ページで>>



1月の聞き流し累積学習時間
 21時間20分(目標まで18時間40分)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です。



posted by 吉原教室 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

スピードラーニング・ジュニアからレベルアップ?

英語の話題の幅を広げるために、スピードラーニング英語の受講をしているのですが、なぜスピードラーニングなのかをちょっと考えてみました。

別にほかの教材でもいいんじゃなかったのか?

この教材を選んだ直接的な理由は、以前中学生の向けの英会話教材を探していたとき、スピードラーニング・ジュニアを見つけ、実際にそれを試してみてとても気に入ったからです。

スピードラーニング・ジュニアで英文法が身に着くわけでもなく、まして学校の勉強に関係する特別なものもなかったのに、この教材が気に入ってしまったのです。

ジュニアの内容は、アメリカの小学生、中学生の日常の姿があり、またオリジナルの子ども向けの物語もありました。

学校とは違った方向から、英語を感じることができると思ったのです。

中学校の英語が使いこなせれば、ある程度会話はできるので、まず学校の英語をという意見もあります。

それは、それで正解です。

でも、使う機会も目的もないまま英語を学んで、実際に英語が身に着くのでしょうか。

学校で英語が嫌いになっていく生徒たちを見ていると、そんな疑問が湧いてきます。

もちろん英語が好きで得意になっていく生徒もいますが、苦手になってしまう生徒のほうがはるかに多いのです。

英語に興味を持たせるという意味で、スピードラーニング・ジュニアはいい教材だなあと今でも思っています。


9日から11日までの『スピードラーニング英語』 聞き流し時間は、320分でした。


スピードラーニングの詳細は公式ページで>>

1月の聞き流し累積学習時間 11時間40分(目標まで28時間20分)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です。



posted by 吉原教室 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

1月は学習開始のチャンス

何か新しいことを始めたいと思っても、思っただけで時間がドンドン過ぎていきます。

そしていつまでたっても始められないまま、そんなことはありませんか?

年が明け、すでに9日経ってしまいましたが、新年こそ新しいことを始めるチャンスだと思います。

1年の中で、新しいことを始めようと決意する時期があります。

それは、新年1月と新年度の4月。

でも新年度の4月は、すごく忙しい時期です。

新しいことを始めようと思っていても、忙しさに流されて結局は始められなかったという経験を持つ人も多いはず。

でも新年の1月なら、4月ほど忙しくはなく、気持も新たになっているはず。

だから新しいことを始めのに1番いい時期は1月だと思うのです。

資格試験を目指すのでも、英会話の学習を始めるのでも。


昨日の『スピードラーニング英語』 聞き流し時間は、150分でした。


スピードラーニング詳細は公式ページで>>

1月の聞き流し累積学習時間 6時間20分(目標まで33時間40分)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
1か月の目標時間:40時間
※学習開始は2013年10月10日です。



posted by 吉原教室 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

聞き流しの記録は書けるときに書きます。

私はスピードラーニング英語を受講していて、英語の聞き流し時間をブログに記録しています。

英語を再学習したいという方がいたら、教材を選ぶときの参考になるのではという意味と、自分で怠けないようにするために始めた記録です。

受講を始めた頃(2013年10月中旬)は、聞き流した当日にブログに記録を記載していましたが、塾という仕事柄夜の記録が難しくなって、翌日記録しますと言っていました。

ところが、YouTubeを利用して学習動画を本格的に作り始めたため、毎日の記録が難しくなってしまいました。そこで、改めて記録はとにかくできる時間にというように変更させて頂きます。

記録できない日があっても、聞き流しをしていないわけではありません。

聞き流しは毎日続けています。(週に1日はお休みをしていますけれど)

以前も書きましたが、語学学習の基本は「コツコツ、毎日」です。

これは変わりません。


今年に入っての『スピードラーニング英語』 聞き流し時間の合計は、220分です。

もう7日だというのに時間が少ないのは、お正月はゆっくりとくつろいでしまったため。

でも今月こそ、目標の聞き流し時間を達成します。

1月の聞き流し累積学習時間 3時間40分(目標まで36時間20分)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
※学習開始は2013年10月10日です。


スピードラーニング詳細は公式ページで>>




posted by 吉原教室 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

スピードラーニングは進化している2

新年明けましておめでとうございます。

読者のみなさん、今年もよろしくお願いします。

昨年末の、スピードラーニングは進化しているの続きです。

スピードラーニングの進化について、WEB上で自分の英語力を確認できることができるというところまで紹介しました。

でも、まだまだその続きがあります。

『スピードラーニング英語』の聞き流しを徹底サポートするアプリが登場しました!

受講した巻までを、ダウンロードして聞くことができる無料アプリです。スピードラーニングを修了した人も、今ちょっと休止しているという人でも利用できます。

聞き流しをするのに、CDをPCに取り込んで、手持ちのプレーヤーに移すのが面倒という人もいるのではないでしょうか。そういう人はこのアプリを利用すれば、面倒な操作が必要ありません。簡単にダウンロードでき、手間いらずで聞き流せるんです。

さらにこのアプリ、ただダウンロードして聞き流すこと以外にも便利な機能がついています。それは、目標を設定し、聞いた時間を確認できる機能と聞き取れなかったフレーズを再度聞ける機能です。

目標設定では、1週間の聞き流し目標時間を設定することができます。これで聞き流し達成度がわかり、設定した目標を達成するとメダルが表示されます。

モチベーションアップにつながりますね。

聞き取れない単語やフレーズが気になってしまう人は、5秒戻し機能で、聞き取れなかったフレーズを再度聞ける機能を利用してみましょう。

聞き逃したり、もう一度聞きたいフレーズを5秒戻して聞くことができるので、ストレスなく聞き流すことができます。

音声だけでなくスクリプトも一緒にダウンロードできるので、どうしても聞き取れなくて気になってしまうときはスクリプトで確認することができます。



29日から31日までの『スピードラーニング英語』 聞き流し時間は、150分でした。

12月の聞き流し累積学習時間 36時間50分(目標まで3時間10分の不足でした)
11月の聞き流し累積学習時間 32時間20分(目標45時間まで12時間40分不足)
学習開始から2013年12月末までの聞き流し合計時間 80時間10分
※学習開始は2013年10月10日です。

今月も目標が達成できなくて残念な結果になりました。

でも11月より聞き流し時間が増えているので、前進と考えます。

今、スピードラーニング英語を申し込むと、『SLワードパートナー』第1巻がプレゼントされるキャンペーンを実施しています。


スピードラーニング公式ページへ>>




posted by 吉原教室 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習記録 | 更新情報をチェックする

お世話になっているサイトリンク集