2018年05月23日

英作文練習のためにHtmlで作ったテーブルタグが、スマホに対応していない件

以前PC 用に、テーブルタグを使って作った英作文練習のページが、スマホに対応していないため修正するようにとグーグルからメールが来ました。

いろいろといじってみましたが、PCで学習するために作ったものだったので、修正ができないでいます。

スマホ用に修正をすると、今度はPCで表示できなくなったり、作動しなくなったりしてしまいます。

またページ数が多いため、完全に修正するには時間もかかりすぎます。

申し訳ありませんが、中学1年生、2年生の英作文練習のページは、PC専用のページとしてご利用をお願いします。






posted by 吉原教室 at 00:03| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

Facebookのpokeって何?

Facebookにpoke(ポークと読みます)という機能があるのを知っていたけれど、何のために使う機能なのか知らなかった。

ちょっと調べてみると、これは緩いコミュニケーションツールで、「私は元気だけれど、あなたも元気?」くらいの意味で使われているようです。

ほかにも、使い方があるみたいですがなんかややこしそう。

とりあえずは、気楽に挨拶する程度の使ってみます。




posted by 吉原教室 at 22:32| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

子どもと楽しむ体験型コンサート

「プレミアムコンサート フォー キッズ」が5月19日(土)、静岡市葵区追手町の静銀ホールユーフォニアで開催されます。

一流奏者の演奏会でありながら、子供が泣いても騒いでも構わないというユニークなコンサートで、親は安心せて参加することができます。

ステージに上がり、資金で音楽を体験でき、楽器を演奏するなどのアトラクションもあります。

入場料などの問い合わせはザ・プレミアムズは電話で。

受付時間は、平時う10時から18時です。

電話 0120-865-114






posted by 吉原教室 at 12:54| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

AIが人間を滅ぼす時代が来るか、決めるのは人間

少し前ですが、韓国の大学がAIを用いた軍事技術を研究するセンターを設置したというニュースを読みました。

AIを持つロボット兵器の開発は、様々な地域での紛争を悪化させ、AIを持つ兵器がテロに使われたらと思うと恐ろしくてなりません。

自国の軍隊に何御被害もなく、相手にダメージを与える、あるいは抹殺することができる兵器の開発を進めるのでしょうか。

自ら傷つくことがなく相手を倒すというのは、ほとんどゲームの世界です。

ゲームをするように戦争が行われる。

まさに恐怖の世界に世の中は進んでいくのでしょうか。


●滅亡に向かう人類

戦争している2つの国が、お互いにAIを持つロボットを使って戦うことを想像してみました。

両国のAI兵器は、互いの敵を倒すプログラムの入力され動き出します。

その先に見えるのは、このロボット兵器に追いかけられ、逃げ惑う人間の姿です。

そして最後に残るのは、AIを持つロボット兵器だけ。

映画のターミネーターの世界です。

AIは、世界から争いをなくすため、人類の明るい未来のために研究してほしい。

そう願っています。







posted by 吉原教室 at 22:04| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

静岡市で中学部活動地域企業が協力

中学の部活動に関しては、学校の先生は本当に大変だなあと感じています。

休日であるはずの土曜と日曜にも指導に出なければいけない。

沼津市が2017年度の勤務時間を調査したところ、練習時間が増える5月6月に時間外勤務時間が「過労死ライン」とされる80時間を超えている教員が3割もいたことが分かりました。

そこで沼津市は、今年度から土曜日曜の部活動に関する勤務時間の上限を32時間と設定、でも文科省の指導で土日のうちどちらか1日しか指導できないので、4日間で32時間。ということは、月4日間の休日勤務なので、32÷4=8となり、それでも休日に8時間も働かなくてはならないということですから、かなりの負担ですね。

そこで静岡市は、・・・

続きを読む
posted by 吉原教室 at 13:02| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

富士宮市で夏休み海外派遣の中学生を募集

富士宮市が、海外でのホームステイや現地学校での英語研修体験できる、中学生海外派遣事業の参加者を募集しています。

申込期限は5月11日。

富士宮市は「せかいにはばたく子どもたち育成事業」として、7月29日から8月7日までの10日間、ニュージーランドのオークランド近郊に中学生30人を派遣します。

参加経費は36万円前後で、その半額を市が負担してくれます。

また、就学援助制度摘要家庭などは全額補助。

対象は、富士宮市内在住の中学生で、申込書と志望動機を書いた作文(800字以内)の提出が必要です。

面接と書類の選考を経て参加者を決定。

事前研修が4回ていどあり、帰国後の事後研修を1回予定しています。

問い合わせは富士宮市市民交流課へ。

電話 0544-22-1486






posted by 吉原教室 at 12:18| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

菱和設備の奨学生募集

菱和設備が静岡銀行に委託している「公益信託菱和設備創立記念奨学金」(いやー長い名前ですね)で6月30日まで2018年度の奨学生を募集しています。

対象は、県内高校に在籍し大学進学を目指している高校1年生です。

募集人数は10名。

他の奨学金との併用も可能です。

問い合わせは、静岡銀行の基金事務局まで。

電話 054-345-9101






posted by 吉原教室 at 12:08| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

交通遺児育英会・奨学生募集

交通遺児育英会が奨学生を募集しています。

保護者が交通事故で死亡したり、障害を負ったりしたために就学が困難になった高校生以上が対象です。

進学前に奨学金を申し込む「予約募集」と、進学後の「在学募集」があり、他の奨学金制度のと併用が可能で、同一世帯や学校から何人でも応募できます。

今回の第1次募集の締め切りは8月31日。

詳細はホームページで。

http://www.kotsuiji.com/

応募書類は電話やホームページから入手してください。

問い合わせ
電話 0120-52-1286





posted by 吉原教室 at 12:48| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

書き損じはがきが世界を救う?

朋徳学院吉原教室でも、毎年書き損じはがきを寄付してもらい、チャイルド・ファンド・ジャパンを通じ世界の子供たちの教育に役立ててもらう活動をしています。

活動を始めてまだ3年ですが、県内の学習塾にも協力して頂き、この活動の輪をもっと広げていきたいと思っています。

ラジオ局でもこの活動を行っていて、3月24日(土)25日(日)に静岡市の青葉シンボルロードで開催する「SBSラジオパーク」会場でも書き損じはがきを受け付けるそうです。

世界には学校に通えない子どもが5800万人、読み書きができない大人が7億8100万人いるそうです。

世界人口の6人に1人が文字の読み書きができないということです。

私たちは幸せなことに、憲法で教育を受ける権利が保障されています。

学校に行けることが当たり前のことなのことなので、読み書きができることのありがたさを感じることはありません。

読み書きができなければ、自分のなりたい職業には就けず、本が読めないので自ら学ぼうと思っても学ぶことはできません。

どうあがいても、貧困から脱出できないということです。

あなたの書き損じはがきがこのような人たちを減らすことができる今回のキャンペーン。

24・25日のどちらか静岡市に出かける方は、ぜひ協力して下さい。








posted by 吉原教室 at 17:32| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

合格祈願キーホルダー・滑らない砂

天竜浜名湖鉄道で、明日12月1日から列車のすべり止めの砂をつけた「2018年・合格祈願キーホルダー」を発売します。

価格は1個600円で、300個限定です。

受験が近づくこの時期、本当に神さまにすがってでも入試に合格したい思いがあると思います。

神さまは、信じる人の心の中にいるもの。

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉通り、自分のすべきことをやり切った人に良い結果を運んできてくれるのが神さま。

自分がすべきことを、受験のその日まで、しっかりやっていきましょう。

あ、そうそう、この合格祈願キーホルダー、天竜浜名湖鉄道の西鹿島駅を除く有人6駅で販売するそうです。









posted by 吉原教室 at 08:51| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

お父さんと作ろうママへのプレゼント!!

親子向けのイベント「パパとつくろう!ママへのクリスマスプレゼント」が、12月2日(土)午前10時から12時、静岡市葵区の市女性会館で開催されます。

3歳以上の未就学児童と両親が対象です。

父親と子供でリーズを作ります。

孔子はNPO法人あそび子育て研究会の大川美佐子さん。

母親は別室で、フリーアナウンサーの上藤美紀代さんから、ボイスセラピーや読み聞かせの助言を受けます。

参加費用は、1家族500円。

3歳未満の兄弟も、父親と一緒に参加できます。

問い合わせ 静岡市女性会館
電話 054-248-7330





posted by 吉原教室 at 15:23| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

不登校の悩みを考える会

12月3日・日曜日、午後1時30分から4時30分まで、糖国拒否を考える会の霊会が開催されます。

会場は、静岡市葵区の静岡市民文化会館第2会議室。

不登校の経験者や親同士で、日頃の悩みを語り合います。

参加費は500円です。

ただし子供は無料。

事前申し込みは不要。

問い合わせは「登校拒否を考える会」代表の芹沢幸枝氏まで。

電話054-246-7202









posted by 吉原教室 at 12:02| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

外国人の子ども向け「ひらがな講座」・富士市

来年4月、富士市内小学校に入学末う予定の外国人児童を対象に、ひらがなの練習をする講座「ひらがなたまごクラス」の生徒を募集しています。

定員は、先着順で10人程度。

12月3日から来年3月25日までの毎週日曜日、午後1時から2時までの1時間、ひらがなの練習をします。

受講料は無料。

講座は前15回で、会場は富士市交流プラザ2階会議室の予定です。

主催は、多文化・男女共同参画課国際交流室。

もう鋳込み問い合わせは、国際交流プラザ内にある「国際交流ラウンジFILS」まで直接または電話で。

受付時間は火曜日から金曜日が午後1時から7時。ぢょう日曜日は午前10時から午後6時。

ただし祝日はお休みです。

電話 0545-55-2704




posted by 吉原教室 at 13:04| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

指導死

「指導死」とは、教師の行き過ぎた指導が、生徒を死に追いやることです。

今年3月、福井県の中学2年生の男子生徒が、担任と副担任双方から強い叱責を受け、逃げ場をなくして自殺した時間がありました。

これも指導死です。

「指導死」何と嫌な言葉でしょう。

スポンンサーリンク




本来、児童生徒への「指導」とは、子どものより良い方向に導くために行うもので「死」に結びつくものではありません。

なぜ「指導」が「死」に結びついてしまうのでしょう?


① 教師の側が、先生と生徒菜緒関係を上下関係だと捉えている場合が考えられます。

生徒は先生の指示に無条件に従わなくてはならないと思っている場合です。

ですから指示に従わない生徒は、攻められて当然だと思い込んでいます。

そこに、生徒が置かれている状況などが入り込めません。


② 生徒を思いのままに動かそうとする。

先生は、生徒のためと思い指導していますが、それが使途を自分の思い通りに動かそうとしているだけ、生徒を変えかえようとしているだけになってしまっている場合です。

自分の思い通りにならない生徒を見て、さらに強い指導をしていく。

この繰り返しが生徒を追い詰めていく場合です。

いずれの場合も、先生が主体で生徒の状況や気持ちを無視した指導になっているというのが問題です。









posted by 吉原教室 at 13:14| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

個性を大切にと言いながら個性を殺す大阪府立懐風館高校の校則問題

大阪府立懐風館高校の指導が新聞で問題になっています。

この高校の3年生の女子が、生まれつき茶色っぽい髪なのに、教師に黒く染めてくるようにしつこく強要っされて不登校になったとして保護者が損害賠償の裁判を起こしていたことが分かったのです。

これだけ読むと、指導に従わない生徒が悪いんじゃないか、とか

拘束には従うべきだとかいう意見も出てくるかもしれません。

この生徒の保護者は、入学時に「地下が茶色なので配慮してほしい。」と学校側に要請していましたが、生徒指導や学年主任から髪を黒く染めるように何度も強要され、頭皮に痛みやかぶれが出るほど何度も髪を黒く染めたといいます。

それでも、不十分だと言われ「学校をやめるか髪を染めるか選べ」と指導され続け、昨年9月から不登校になってしまったそうです。

学校では金髪の外国人留学生にも、校則だから紙を黒く染めさせると母親に説明しています。

この高校は、髪の色が黒い子だけが入れるという特殊な学校のようです。

生徒が学校に通えなくなるような指導というのは、学校による「いじめ」に近い。

それから考えたいのは、髪の毛が黒くなくてはいけないという校則は「何のための校則」かということです。

以前からある校則だから生徒に守らせなくてはいけないのでしょうか。

校則を作ったときには、その目的があたはずです。

今現在もその目的は必要なのでしょうか。

それは、生徒にとっても、学校にとっても有益なものなのか?

身体的特徴を否定するような校則は、やはり考え直すべきだと思うのですが。







posted by 吉原教室 at 15:33| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

お世話になっているサイトリンク集