2017年11月13日

指導死

「指導死」とは、教師の行き過ぎた指導が、生徒を死に追いやることです。

今年3月、福井県の中学2年生の男子生徒が、担任と副担任双方から強い叱責を受け、逃げ場をなくして自殺した時間がありました。

これも指導死です。

「指導死」何と嫌な言葉でしょう。

スポンンサーリンク




本来、児童生徒への「指導」とは、子どものより良い方向に導くために行うもので「死」に結びつくものではありません。

なぜ「指導」が「死」に結びついてしまうのでしょう?


① 教師の側が、先生と生徒菜緒関係を上下関係だと捉えている場合が考えられます。

生徒は先生の指示に無条件に従わなくてはならないと思っている場合です。

ですから指示に従わない生徒は、攻められて当然だと思い込んでいます。

そこに、生徒が置かれている状況などが入り込めません。


② 生徒を思いのままに動かそうとする。

先生は、生徒のためと思い指導していますが、それが使途を自分の思い通りに動かそうとしているだけ、生徒を変えかえようとしているだけになってしまっている場合です。

自分の思い通りにならない生徒を見て、さらに強い指導をしていく。

この繰り返しが生徒を追い詰めていく場合です。

いずれの場合も、先生が主体で生徒の状況や気持ちを無視した指導になっているというのが問題です。









posted by 吉原教室 at 13:14| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

個性を大切にと言いながら個性を殺す大阪府立懐風館高校の校則問題

大阪府立懐風館高校の指導が新聞で問題になっています。

この高校の3年生の女子が、生まれつき茶色っぽい髪なのに、教師に黒く染めてくるようにしつこく強要っされて不登校になったとして保護者が損害賠償の裁判を起こしていたことが分かったのです。

これだけ読むと、指導に従わない生徒が悪いんじゃないか、とか

拘束には従うべきだとかいう意見も出てくるかもしれません。

この生徒の保護者は、入学時に「地下が茶色なので配慮してほしい。」と学校側に要請していましたが、生徒指導や学年主任から髪を黒く染めるように何度も強要され、頭皮に痛みやかぶれが出るほど何度も髪を黒く染めたといいます。

それでも、不十分だと言われ「学校をやめるか髪を染めるか選べ」と指導され続け、昨年9月から不登校になってしまったそうです。

学校では金髪の外国人留学生にも、校則だから紙を黒く染めさせると母親に説明しています。

この高校は、髪の色が黒い子だけが入れるという特殊な学校のようです。

生徒が学校に通えなくなるような指導というのは、学校による「いじめ」に近い。

それから考えたいのは、髪の毛が黒くなくてはいけないという校則は「何のための校則」かということです。

以前からある校則だから生徒に守らせなくてはいけないのでしょうか。

校則を作ったときには、その目的があたはずです。

今現在もその目的は必要なのでしょうか。

それは、生徒にとっても、学校にとっても有益なものなのか?

身体的特徴を否定するような校則は、やはり考え直すべきだと思うのですが。







posted by 吉原教室 at 15:33| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ほとんどの広告主に適していない???・独り言

YouTubeに学習動画をアップしています。。

中学生の勉強動画です。

いつでも、だれでも自由に無料で学習ができるようにですが、この動画作りは結構時間がかかるので収入に繋がればいいなあと思っていたりもします。

動画を見ていると、そこに企業の広告が出ます、それが動画を作った人の収入として還元される仕組みです。

現在アップしている動画数は、約1200本。

自分でもよくここまでやったなあと自己満足!!

この数を聞くと、すごく儲かっているんじゃないかと勘違いする方がいますが、これで缶コーヒーが1日1本飲めるかどうかです。

それはさておき、最近アップした動画によく「ほとんどの広告主に適していない」なんて管理画面で表示されちゃうんですよね。

中学生のための勉強の動画って、やっぱり利益を出したい広告主向けじゃないのかな?

皆さんはどう思います。

ほとんどの広告主に適していなくても、これからも勉強動画作り続けますから、よろしくお願いします。





posted by 吉原教室 at 15:16| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

国際交流の輪

富士宮市の友好交流関係都市である韓国の栄州(よんじゅ)市の高校2年生が今月富士宮市内で地元高校生との交流をしました。

中学生の交流はこれまでもあり、今年は11月に富士宮市を訪れることになっていますが、高校生の訪問は初めて。

また、モンゴルの高校生も静岡県を訪れ、観光地や工場の見学をし、同じく富士宮市の富岳館高校の生徒と交流をしました。

いま世界を見ると大きな争い、小さな争いがいろいろなところで起きています。

争っている当事者は、自分たちが正しいと信じています。

そして自分たちの正義出ないものは、悪だから排除すべきだと思っているのでしょう。

でもそこで、お互いを知る努力をすれば、争いは減るはずです。

そのために必要なのが若い世代での交流。

交流によって、相手を知り、違いを認め合い、何をすべきかを考えることができるようになります。

更に交流によって、新しい文化、産業、協力の流れも生まれてくるでしょう。

若い世代の国際交流、世界に広がっていけばいいなあと思っています。








posted by 吉原教室 at 12:12| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

大学生向け・日銀支店見学会

日銀静岡支店は、大学生向けに「日本銀行の役割と業務」と題した見学会を行います。

開催日時は12月21日(木)午後1時30分から5時。

定員は、申し込み順で20名程度。

グループでの参加もできます。

開催場所は静岡市葵区にある同支店です。

中央銀行の役割と業務の概要を支店長が解説し、職場見学、発見事務や景気判断作業の疑似体験が予定されています。

問い合わせは、日銀静岡支店まで。
電話054-273-4102






posted by 吉原教室 at 13:22| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

中学生が手話ロボット・日本の未来は明るい!!

大阪の追手門学院大手前中学校の生徒さんが、人の言葉を手話に翻訳するロボットを開発しました。

このニュースを新聞で読んで、「日本の中学生にもすごい子どもたちがいるなあ」と嬉しくなりました。

9月に東京で行われたコンテストでは、最優秀賞を獲得し、11月の世界大会に挑むそうです。

リーダーの辰巳瑛さんは、「両親が聴覚に障害があって、手話が使えない人でも耳が不自由な人と交流しやすくしたかった」と話しています。

ロボットは、人の指先から腕の部分の形をしていて、高さ50センチ、幅25センチ、重さ3キロ。

オリジナルロボットが作れる部品が入った市販のキットに、音声受信用のタブレットを組み合わせて制作したそうです。

静岡県にもすごい小学生がいます。

以前ブログに書いた、教関ネットの理事の1人でいいらっしゃる福地先生が指導している小学生が、機能WROロボット大会のエキスパート部門で優勝してやはりコスタリカで行われる世界大会に出場します。

どちらのチームにも、その実力をしっかり発揮してもらって、日本の科学技術のすばらしさを伝えてほしいですね。







posted by 吉原教室 at 12:33| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

小学生対象御殿場でハロウィンイベント

御殿場市のキリンディスティラリー富士御殿場蒸留所が、今月28日、29日31日の3日間、小学生以下を対象とした「ハッピーハロウィンわくわくつかみどり」というイベントを同所で開催します。

工場見学や清涼飲料水の試飲をして、お菓子のつかみ取りをします。

ハロウィングッズを使った、写真撮影もできます。

参加無料ですが、事前申し込みが必要。

申し込みは、キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所見学予約受付まで。

電話 0550-89-4909





posted by 吉原教室 at 15:39| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

沼津市立図書館 読書週間に合わせて講演会と展示会

沼津市立図書館は、10月27日から11月9日までの読書週間に合わせ、本や読書に関連した講演会、展示会を開催します。

今月19日から11月7日まで、絵本『どうぶつのおかあさん』や動物図鑑などの絵を担当してきた、薮内正幸氏の原画展を開催。

どうぶつのおかあさん (幼児絵本シリーズ)

小森 厚 福音館書店 1981-10-20
売り上げランキング : 42840
by ヨメレバ


イキイキと描かれた動物の絵40点以上を展示します。

11月5日午後1時30分から、薮内さんと親交の深い動物写真家、さとうあきらさんの講演かい「動物写真家が見る 動物画家薮内正幸の世界」を開催します。

いずれも入場無料ですが、講演会は沼津市立図書館へ電話または直接申し込む必要があります。

問い合わせ 沼津市立図書館
電話 055-952-1234





posted by 吉原教室 at 12:24| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

富士宮高校会議所・第2回高校生パフォーマンス大会

富士宮市の高校生で作る富士宮高校会議所が、10月22日(日)市共催で第2回高校生パフォーマンス大会を開催します。

入場無料。

場所は、富士宮駅前交流センターきらら。

富士宮西高書道部の書道パフォーマンス、富士宮高等専修学校軽音楽部と冨士高校、静岡西高の音楽部のバンド演奏などが行われます。

会場の定員は100人程度。

問い合わせは同会議所の時田定則事務局長まで。
電話 090(5008)5439





posted by 吉原教室 at 16:26| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

南山フェアー イン 浜松

名古屋市の南山大学が、11月4日(土)13時から、浜松市中区のアクトシティーで「ナンザンフェア in 浜松」を開催します。

ちなみにこの日、富士地区では静岡県統一模試会場試験を富士見高等学校で行いますので、こちらのほうもよろしく。

当日は学調のあいさつの後、予備校講師による英語問題の傾向と対策講座、大学紹介と入試概要の説明、現役学生による受験勉強体験談、卒業生による学生生活体験などが予定されています。

もちろん入場無料で事前申し込みも必要ありません。

問い合わせ 南山大学入試課
電話 052-832-3013







posted by 吉原教室 at 11:34| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

三島にジュニア・ゴルフスクール開校

三島市川原ヶ谷に、プロゴルファー藤田寛之選手が校長を務める「ヤマハゴルフスクール三島校」が開校しました。

スクールの対象は、小学校3年生から高校生まで。



プロの選手の経験を生かしたカリキュラムでゴルフを学べます。

教材を使った学習と、個々の感性を大事にした個別指導で技術向上を目指すとともに、ゴルフを通して心と体の健やかな成長をサポート。

問い合わせは同スクールへ。

ヤマハゴルフスクール三島校
電話 053-461-6820




posted by 吉原教室 at 13:52| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

家族や子育てテーマに写真・手紙・メールの作品募集

内閣府が11月19日の家族の日、11月12日から25日の家族の週間に向けて、家族や地域の大切さを啓発する作品コンクールの作品を募集しています。

写真部門は、小学生以上が応募可能。

手紙、メール部門は、小学生、中学生・高校生、一般の部門に分かれています。

テーマは家族や子育て。

募集は今月末の10月31日まで。

各賞の結果は、11月25日に発表されます。

詳しくは下記URLから

http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/family/index.html

問い合わせは同コンクール事務局まで。
電話 06-4964-8864





posted by 吉原教室 at 12:03| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

富士・富士宮、地元のイベントたくさんあるなあ⁉

新聞屋さんから、富士・富士宮の10月11月のイベント情報誌を頂きました。

自分も明日とあさっては、地元の秋祭りで、お祭りの手伝いをさせて頂くのですが、富士市・富士宮市全体のイベントとなるとたくさんあるなあと情報誌を見て思いました。

その中から、このブルグの読者と関連がありそうなイベントを紹介しておきます。

●富士市

10月15日(日)
Live & Market Love
~みんなに届けたい絵本がる~
会場:エコライフ創造空間
富士市中里2591-10
電話:0545-64-2108
時間:10:00~19:00


10月29日(日)
かぼちゃのランタン作り
会場:富士市立少年自然の家
要申し込み
時間:9:30~12:00
参加費:600円
持ち物:軍手、汚れても良い服
定員:30名
対象:親子、大人一人での参加もOKです。
申し込み・問い合わせ:富士市立少年自然御家
電話0545-35-1697


11月26日(日)
ふれあいホール影絵劇場
「眠れる森の美女」「海彦山彦」
要申し込み
申し込みは、10月20日(金)9:00から富士川ふれあいホール・富士市交流プラザ・ラホール富士の3会場で入場整理券を配布します。
会場:富士市富士川ふれあいホール
開場 13:00
開演:13:30
問い合わせ・富士川ふれあいホール
電話:0545-81-2333

スポンンサーリンク



●富士宮市


10月28日(土)29日(日)
マルシェ富士
まかいの牧場 場内中央広場
富士宮市内野1327
時間:9:00~16:00
入場料:大人800円 子ども500円
ハロウィン仮装の方は入場無料
内容:富士山で育てられた自慢の農産物が盛りだくさん!!
地元素材の飲食店やクラフト作家さんのお店など約50店舗が出店します。
問い合わせ まかいの牧場
電話 0544-54-0342


10月28日(土)2017
フォスターセッション
会場富士宮市役所7F 特大会議室
時間 10:00~16:00
途中入退場自由・子連れOK,キッズスペースあり
内容:フォスターとは「実子でない子を育てること」です。
里親家庭や児童養護施設の課題について考え語り合うイベントです。
問い合わせ 誠心会児童家庭支援センター パラソル
電話 0545-32-8125


11月4日(土)~5日(日)
富士山親子コミュニケーションキャンプ
会場:田貫湖ふれあい自然塾
要申し込み
時間:11月4日13:00~5日15:00
参加費:大人12000円 子ども10000円
対象 小学校4年生から中学生までの親子10組
子どもがゲームやネットばかりしていると悩んでいる方は、今回がチャンスかも!!
問い合わせ 田貫湖ふれあい自然塾
電話 0544-54-5410





posted by 吉原教室 at 12:02| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

野良猫?が庭にふんをする悩み

私の話ではないのですが、近所で野良猫が庭に入ってきて糞をしたり、庭を荒らしたりして困ると悩んでいる人がいます。

私は、自分の家でそんな被害はないし動物が好きなので、猫が玄関先を通っても「かわいいなどこの猫だろう」くらいしか思わなかったのですが。

そこの家の方は、犬や猫もだめという動物嫌い。

猫が家の敷地に入ってくるのさえ嫌なようです。

敷地に入ってきたら追いかけて追い出すというのも、70を過ぎたその方には無理だし、何か猫が敷地に入ってこないようにする工夫がないかと思ってネットを調べていたら、猫よけグッズの番人くんなんてものがありました。

使い方は簡単で、電池を入れて、猫被害がある場所に置くだけです。

野良猫が嫌がる超音波で、野良猫被害を短期間で防止できるようです。

これだけで猫が敷地に入ってこなくなるならいいなあと思ったのですが、ちょっと値段が高い!!

1台で14800円もします。

この値段で猫が庭に糞をしたり花壇を荒らしたりする悩みが無くなるなら、安いと思えるのかな?

本人に聞いてみないと分からないのですが、私には微妙な値段です。




posted by 吉原教室 at 22:54| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

静岡県東部中学生対象 模擬手術体験講座

県立静岡がんセンターと製薬会社ジョンソン・エンド・ジョンソンが、11月12日に、静岡県東部の中学生を対象にした手術体験講座「ブラック・ジャック・セミナー」を開催します。

内容は、実際の医療現場で使われている機器を用いて、縫合などの模擬手術を体験するもの。

参加は無料です。

募集期間は、10月18日までで、希望者は静岡がんセンターのホームページから申し込んでください。

募集ページへ>>





posted by 吉原教室 at 12:14| Comment(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

お世話になっているサイトリンク集