2017年06月22日

静岡県知事選・県議会議員補欠選挙は、主権者教育のいい機会

25日の投票日に向け、静岡県知事選挙と静岡県議会議員補欠選挙が行われています。

これは、地方自治や社会参画の重要性を学ぶいい機会です。

18歳選挙権を題材に授業を行ったり、選挙公報の読み方を考え、政策を比較して、クラスの中で意見を出し合ったりなど、実践的な主権者教育ができます。

教育の場から地方自治について考えていくことで、自分たちの手で世の中をより良いものにしていくんだという意識を生み出す第一歩が踏み出せるようになるのではないでしょうか。

小中学生の本当の学力を伸ばす
朋徳学院吉原教室

住所 静岡県富士市御幸町12-6
電話 0545-53-0065
※朋徳学院吉原教室では、随時学習相談を行っています。
お気軽にお問い合わせください。








posted by 吉原教室 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

国東市のサポーター

地方は何かいつも置いてきぼりの感があったけど、なぜそうなるかというと「こうしてほしい。ああしてほしい。」という要望ばかりを言って自分で行動を起こさないじちたいが多かったからという感があります。

でも大分県の国東市は、自分たちの力で自分たちの地域を豊かにしようと活動していることを知りました。

大分県国東市 移住・起業促進プロジェクト

充実した支援制度なども設け、首都圏や都市部からの移住者の受け入れを積極的に行っています。

このプロジェクトでは、国東市の魅力を十分に発信し、都会では実現しにくいスローライフや、自然の中での安心した子育て、自由なクリエイター活動など、移住して叶えたい方々をサポートしています。

東京各地で随時、移住・定住説明会を行っています。

シングルマザー向け・クリエイター向け、家族世帯向けなど、その方に合った内容にて説明を行ってくれます。

仕事や住まい関わるサポートが充実しているのも売りの一つです。

国東市役所政策企画課では主にIターンにより、国東市へ移住してきた方々を対象に親睦交流会を定期的に開催しています。

移住者の親睦を深め、国東での生活で悩みや困った事があると、田舎暮らしのコツを移住の先輩方がアドバイスするなど、とても有意義な交流会となっています。

見知らぬ土地に飛び込むのは勇気がいりますが、このような機会が設けられていれば安心で、心細いという気持ちもわいてこないそうです。

応援してくれるサポーターを今募集しています。

実際の移住者のインタビューもサイト上掲載されていますので参考になると思います。

【国東サポーター大募集】

都会より地方への考え方という考えの方最近増えているようです。

具体的な行動を起こすにはまず情報の収集。

その中に国東市も加えてみてはどうでしょうか。







posted by 吉原教室 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

大学授業料出世払い??

新聞を読んでいると、仕事柄、教育に関するニュースが気になります。

自民党教育再生実行本部が出した、大学授業料の徴収方法。

高等教育の無償化を視野に、大学の授業w用を無紹介し、卒業後の所得に応じて一定割合を徴収しようという「出世払い」の制度創設というもの。

2020年度からの導入を目指すとしています。

でもこれは不平等ですよね。

頑張って高所得を得た人からだけ、「じゃあこれまでの大学授業料を負担してね」です。

私は、高校までの授業料の無償化、大学は無償の奨学金制度を充実させ、頑張っている人はこの制度が利用できるようにすればいいと思っています。

政府は、大学などの高等教育は学生などの個人の利益だけでなく「国民の知の基盤を支え、国の競争力を高める原動力」と位置付けています。

教育機会均等の観点から見たら、大学は授業料無償化するなら「出世払い」などしなくてもよい、大学を出て高所得者になったのなら、累進課税で所得税地方税共に他の人より多く払うのだからと考えます。

小中学生の本当の学力を伸ばす
朋徳学院吉原教室

住所 静岡県富士市御幸町12-6
電話 0545-53-0065
※朋徳学院吉原教室では、随時学習相談を行っています。
お気軽にお問い合わせください。





posted by 吉原教室 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

教職員対象・海外研修、研究助成

企業経営研究所が、静岡県内の小中学校・高等学校の、特別支援学校の教職員を対象に「海外研修・研究等助成事業」の助成金交付対象者の募集を行っています。

助成金は、海外での技術、技能、知識の習得、研究を目指す活動に1件当たり最高50万円を交付するものです。

応募資格は原則50歳以下で勤続3年以上の方。

選考委員会の審査を経て6月中旬までに決定します。

決定通知から6か月以内に研修を始めることが条件です。

選考では、帰国後の職場での研修体験の活かし方や子ども派の夢や感動の伝え方などが重視されます。

希望者は企業経営研究所のサイトから申請書と勤務先の学校長の推薦書をダウンロードし、必要事項を記入後同研究上に郵送して下さい。
URL http://www.srgi.or.jp

締め切りは、5月31日(当日消印有効)。

問い合わせ 企業経営研究所
電話 055-981-3033





posted by 吉原教室 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

奨学金・奨学生募集(静岡県)

●奨学生募集

「公益信託菱和設備創立記念基金」で、6月30日まで、2017年度の奨学生を募集しています。

県内高校に在籍して、大学などへの進学を希望している高校1年生が対象。

募集は10人で、1人当たり月学2万円を3年間支給します。

他の奨学金と併用もできます。

問い合わせ 静岡銀行業務部内基金事務局
電話 054-345-9101

 
●アジア留学生対象奨学金

静岡銀行で、アジア留学生を対象とした「公益信託東海澱粉国際交流奨学基金」の2017年度助成先を募集しています。

対象は県内の大学院に在籍する修士課程か前期博士課程のアジア留学生。

締め切りは5月31日。

計8人に1人当たり年間36万円を支給します。

問い合わせ 静岡銀行業務部内基金事務局
電話 054-345-9101





posted by 吉原教室 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

しずおか新聞感想文コンクール

静岡県内の小中高校生を対象に、第10回記念「2017年度しずおか新聞感想文コンクールが行われます。

部門は、小学生の部、中学生の部、高校生の部の3部門。

課題は、
2017年1月1日~8月31日の新聞を読んで

①新聞記事を読んでの感想
②新聞について思うこと

の2つで、

小学生は①科②のどちらかを選択、中学生、高校生は①が課題となります。

締め切りは、9月11日必着。

応募方法
事前に応募要項を取り寄せて、規定を確認して応募。
応募要項請求先は、
静岡新聞社読者部内「しずおか新聞感想文コンクール」事務局。
電話054-284-8984

県内小中高校生の皆さん、このコンクールに挑戦してみませんか。

小中学生の本当の学力を伸ばす
朋徳学院吉原教室

住所 富士市御幸町12-6
電話 0545-53-0065



posted by 吉原教室 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

1週間が10日だった国がある

1週間は7日。

私たちは10進法を使っているのに、なぜ1週間は10日ではなく7日なのでしょうか。

P1050858.JPG

これは聖書の中で「神が6日間でこの世界を作り、7日目を安息日にした」というところから来ています。

でも過去には、1週間が10日だった国があります。

それは、フランスです。

1週間が10日だったフランス>>
posted by 吉原教室 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

アメリカ大統領「地球温暖化」の規制見直し

皆さん、今週月曜日から投稿を開始した「5分で学習数学」の動画、役に立っているでしょうか。

今までもいろいろな動画を投稿してきましたが、制作するにあたって特に学習で必要なところをピックアップして作っていました。

つまり、作る項目の順番はバラバラになっていたんです。

その部分を反省して、今年度は教科書の順番で学習の基本の部分をすべて網羅することにしました。

みんなの勉強に役立ててもらえたら嬉しいです。

さて今日の、新聞からの話題です。

アメリカのトランプ大統領が「地球温暖化に向けた規制」を見直す大統領令に署名したという内容についてです。

日本は、今年の冬記録的な大雪に見舞われた地方が多かったので、本当に地球の温度が上昇しているのか疑問に思っている人もいるでしょう。

でもやはり、地球全体でみると温暖化が進んでいます。

私が小学校のときには、よく外の置いてあるバケツの水が凍っていることがありました。

また、富士5湖の中でも精進湖、山中湖は熱い氷がはり、氷に穴をあけワカサギを釣ったり、氷の上でスケートもできたものです。

でも、いまは外の水が氷っていたり、この湖が氷ることはなくなりました。

やはり以前より気温は上昇しているんです。

そして地球温暖化の原因となっている「温室効果ガス」が二酸化炭素。アメリカは二酸化炭素の排出量が世界第2位。そのアメリカが地球温暖化対策の規制を見直すというのです。

これは、世界の地球温暖化対策の後退につながると、アンリカ国内でも非難の声が上がっています。

トランプ大統領は、「規制見直しは経済成長のため」と説明しています。

アメリカの規制見直しの影響で、他の国も温暖化対策の意欲を失うのではないかとの懸念も出てきています。

小中学生の本当の学力を伸ばす
朋徳学院吉原教室

住所 富士市御幸町12-6
電話 0545-53-0065




posted by 吉原教室 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

新指導要領告示

4月から始まる動画のシリーズ「5分で学習」。

今日から投稿開始です。

中学3学年の数学の基礎の部分を、教科書の内容に沿って動画で解説しています。

内容的には、学習部分の基礎となる部分なので予習を意識して制作しました。

皆さんどうぞ、この動画活用して下さい。


●新学習指導要領


小中学校の新しい指導要領が告示されました。

注目したいのは、話題によく取り上げられていた歴史の表記問題です。

小学校で「聖徳太子(厩戸王)」中学校で「厩戸の王(聖徳太子)」との表記を、小中学校共に「聖徳太子」との表記になりました。

ただ中学校の教科書では史実を深く学ぶために、古事記、日本書紀では「厩戸皇子」と表記され、日に「聖徳太子と呼ばれるようになったと解説がつくようです。

また江戸時代の「鎖国」は、改定案では消えてしまっていましたが、小中教科書で復活。

鎌倉時代末期の元寇も「モンゴル襲来(元寇)」という案から「元寇(モンゴル帝国の襲来)」という、現行に近い表記になりました。

歴史の学習は、小学校から中学校へ続いていくもので、小学校と中学校で表記が変わってしまうと、子どもたちがとまどい、学習理解がしにくくなります。

私は、大人の都合で関単に用語を変えることには反対です。

小中学生の本当の学力を伸ばす
朋徳学院吉原教室
住所 富士市御幸町12-6
電話 0545-53-0065



posted by 吉原教室 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

引き込もリテーマに学習会

KHJ全国ひきこもり家族連合会の静岡県支部「いっぷく」は、4月から6月に3回、県内で学習会を開きます。

4月9日(日)に静岡市番町市民活動センターで「ひきこもり・親の取り組みは必要」、5月14日(日)に同所で「「親の生き方・子どもの生き方」、6月11日(日)県男女共同参画センターあざれあで「もう一度ひきこもることの意味を考える」と題して開催します。

時間はいずれも午後1時15分から4時30分。

初参加の方は無料。

参加希望の方は、当日直接会場にお越しください。

問い合わせ KHJ全国ひきこもり家族連合会の静岡県支部「いっぷく」事務局 中津川さん
電話 054-245-0766

小中学生の本当の学力を伸ばす
朋徳学院吉原教室

住所 富士市御幸町12-6
電話 0545-53-0065



posted by 吉原教室 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

中高生のボランティア受け入れ施設募集

静岡県ボランティア協会は、中学生、高校生のボランティア体験を受け入れてくれる、社会福祉施設、社会教育施設を募集しています。

受け入れ可能な施設は同協会に連絡し送られてきた計画書を4月5日までに提出して下さい。

これ本当に緊急ですよね。

今まだこんな募集そしているということは、受け入れ資質が不足しているということ。

もっと前から、ボランティア施設を募集していることを広く知ってもらっていればいいのに・

それはさておき、

ボランティア体験は「サマーショートオランティア活動計画」として、施設の利用者や職員と接し福祉に対する理解を深めることが目的で始まったものです。

受け入れ条件は、8月1日~30日の期間内に連続で4~6日間、軽16時間以上の活動が可能な施設。

活動前に、施設でのオリエンテーションも行います。

問い合わせは、県ボランティア協会。
電話 054-255-7357

小中学生の本当の学力を伸ばす
朋徳学院吉原教室

住所 富士市御幸町12-6
電話 0545-53-0065




posted by 吉原教室 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

全国学力テスト英語実施

新聞には、学びの材料が詰まっています。

自分が生きている社会の基本を学ぶいい教材です。

P1050837.JPG

ということで、新年度から気になった新聞の記事についてブログに書いていきたいと思います。

今回は、全国学力調査テストで英語が実施されるようになること、それも「読む・聞く・書く・話す」の4技能で。

2つ目は、PM2.5で年間300万人もの人が世界で死亡していること。

もう1つ、昨年ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランさんについてのニュースです。

続きを読む
posted by 吉原教室 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

ディズニー遠足・みんな大満足

恒例の春休みディズニーバス遠足に昨日行ってきました。

塾を朝6時に出発、行きのバスはビンゴ大会で盛り上がり途中渋滞もありましたが、9時40分にランドに到着しました。

みんな1日楽しい時間を過ごし、帰りのバスの中では半分の人が熟睡状態。

残りは、DVD鑑賞とゲームをしている人も。

さて今日からまたしっかり勉強です。

勉強と言ってもただ覚えるだけでなく、覚えた知識を使う「学習」にさらに重点を置いて塾を運営していきたいと思っています。

春休み中なので、これまでの復習プラスアルファで、みんな考えて話し合う課題も用意してあります。

朋徳学院吉原教室
住所 富士市御幸町12-6
電話 0545-53-0065





posted by 吉原教室 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

富士市立図書館 使用済みの受験参考書・問題集大募集中!!

受験シーズンが終わり、新年度の準備に忙しい方もおられると思います。

受験生だった皆さん、あなたは受験勉強で使ったテキストや参考書をどのようにしていますか。

そのまま捨てちゃうなんてもったいないことはやめましょう。

大学受験生なら大学受験参考書・赤本、予備校テキスト買取サイト「学参プラザ」
に買い取ってもらうという方法もありますし、次の受験生に譲るという方法もあります。

富士市立中央図書館では、高校受験、大学受験のための参考書、問題集、赤本、過去問や対策本、検定試験のためのテキスト問題集を募集しています。

募集する対象の本は、過去5年以内に発行され、不要となった参考書や問題集などです。

書き込みがあってもかまいません。

但し、氏名や住所など個人情報に関する書き込みは塗りつぶして下さい。

集まった受験関連の本は、4月1日(土)~4月9日(日)に同図書館で開催されるリサイクル市で無料配布されます。

あなたが一生懸命受験のために使った本たちが、次の受験生の役に立ちます。

参考書等の募集受付窓口は、中央図書館1階窓口。

リサイクル市は、1回エントランスホールで開催です。

受験参考書、次の受験生のために提供、協力お願いします。

問い合わせ 富士市立中央図書館
電話 0545-51-4946


朋徳学院吉原教室
住所 富士市御幸町12-6
電話 0545-53-0065




posted by 吉原教室 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

第7回 朗読会 富士市

富士市立中央図書館2F視聴覚室に置いて第7回朗読会を開催します。

事前申し込みはいりません。

当日直接会場にお越しください。

日時
平成29年2月19日(日)
午後1時30分~3時30分

演目

郷土作家の詩
       虹の足・ほぐす (吉野弘 作)
       巷で・父と私  (小川アンア 作)

富士市の民話
       かりがね堤の人柱
       富士山がだんだん高くなった話

富士市に伝わる竹取物語
       竹取塚

落語
       ろくろっ首   (柳家小三治 噺)

小説
       濃紺       (幸田 文 作)

童話
       ことりを好きになった山  (アリス・マクラーラ 作)

エッセイ
       渡良瀬川      (星野富弘 作)

主催 富士朗読の会 ごんぎつね





posted by 吉原教室 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

お世話になっているサイトリンク集