2018年07月19日

分かるところまで戻ることも大切

以前のどこが分からないか分かる方法で、どこを勉強したらいいかということに書かせてもらいました。

でもこれはある程度授業についていける生徒の話で、少なくともテストで60点以上を取っている人が対象です。

では、テストで40点しか取れない生徒はどうしたらいいのでしょうか?

答えは、分かるところまで戻って勉強し直すことです。

今の学年に関係なく、分かるところまで戻りましょう。

そこからやり直せば、だんだん勉強が分かるようになっていくと思います。

特に数学と英語は。

長い夏休みが始まります。

この休みの間にちょっとだけ頑張ってみて下さい。

夏期講習でも、個別演習では、分かるところから抜けている部分を埋めてしっかり勉強をできるようにしていきます。

できないところ、理解していない部分があって頑張っても自信を無くし、さらに勉強が嫌いになってしまいます。

繰り返しになりますが、分かる部分で戻ってやってみて下さい。




ラベル:勉強 学習相談
posted by 吉原教室 at 18:09| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

来週から夏期講習

いよいよ来週から中学3年生の夏期講習が始まります。

全部で20日間、100時間の勉強の始まりです。

講義形式の部分と、個別演習形式の部分があり、それぞれの生徒の学力に合わせて進行できるようになっています。

現在夏期講習を受講する生徒たちに予備講習的を実施していて、基本的な知識と学習の基本について確認、その部分はしっかり覚えてもらっています。

夏期講習の進行表は、5分単位の区切りで作ってあり、時間を意識して集中できる勉強方法を取り入れています。

中学3年生は迄2名空きがありますので、夏期講習をお探でしたらぜひお問い合わせください。

締め切りは今週末21日の土曜日です。

夏期講習の内容の説明、面談をさせて頂きます。

朋徳学院吉原教室
電話 0545-53-0065





ラベル:夏期講習 夏休み
posted by 吉原教室 at 12:12| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

生徒たちと勉強と宿題について話してみました

さて、学校の先生方はなぜ宿題を出すのでしょうか。

宿題が出なかったらどうなるでしょうか。

勉強とはどういうこと?

こんなことを夏休みを前にして生徒たちと話してみました。

夏休み中、中学1年生・2年生は通常授業の中でいろいろなことについて考える授業を行います。

それがこのようなものです。

先生、しゅくだいわすれました (単行本図書)

山本 悦子 童心社 2014-10-25
売り上げランキング : 5139
by ヨメレバ


保護者の方は、学校で宿題を出すのは当たり前と思っているかもしれませんが、なぜ宿題を出すのかをしっかり考えた方は半分くらいいるでしょうか。

何のために宿題が出るのかを知らないで、宿題をしなさい、宿題はやって当たり前、こう考えていませんか。

基本的に宿題は、学校の授業だけではじゃ感が足りなくて学習内容の定着までできないからという面が日本では多いと思います。

学習した内容を定着させるのが目的ですから、ただノートを埋めるだけの作業になってしまう宿題の出し方は問題があります。

子供たちの意見を聞きながら、宿題はあったほうがいいかないほうがいいか話し合いました。


●宿題をなくしたら

宿題があったほうがいいかどうかについては、みんな迷っているようでした。

私としては、宿題はないほうがいいが圧倒的多数になると思っていましたから。

最初に宿題が何のために出るのかを考えてもらった後だったからかもしれません。

宿題が勉強内容をしっかり身につけるために出た場合、もし宿題をなくしたらどうなるか?

ほとんどの生徒が、「学力が下がる」「勉強が分からなくなる」これに近い意見でした。

でもみんながやっている宿題は、本当に学力を上げるためにやっているのと聞くと「出ているからやっているだけ」。

「やらないと成績が下がるから」

「やらないと親が怒るから」

生徒の本音ですよね。


●家で宿題をしない仕組みを作る

みんな宿題がなぜ出るのかを考えて後で、家で宿題をしないための方法を考えました。

宿題は家出するから宿題だという考えを取り払います。

その方法は、6時間の授業が終わった後で宿題のためにあと1時間または2時間授業を行うというもの。

これは、その日に勉強した内容を身につけるための授業で、普通の授業とは全く別の授業です。

これに対しては、全員の生徒が反対です。

とにかく早く家に帰りたいというのがみんなの意見。

でもそれだと「家で叱られながらやらくちゃならないかもしれないよ」

「周りにゲームなんかがあると集中できないし、なかなかやる気が出ないよ」

など様々な反論をしましたが、学校の授業が増えるのはとても嫌なようでした。

じゃあどうしたら、その日の勉強した内容を身につけるための宿題を効率的にやることができるかに話題は移ります。

学校の宿題の出し方の問題点や、生徒自身の宿題への取り組み方、意見を出し合ってみんなで考えてみました。

宿題について、生徒と本気になって考えた授業、生徒自身も私もとても盛り上がった有意義に時間でした。

自分の周りにある当たり前だと思っていることについて考える授業、とても楽しかったですよ。












ラベル:宿題 勉強 学校
posted by 吉原教室 at 00:37| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

学習相談受け付けています

中学3年生の3者面談が今日で終了しました。

結構みんなしっかりした考えを持ていて、生徒が保護者の方をリードしているようでした。

保護者は、どちらかというとアドバイスを与える程度のようです。

中3生は、自分の将来のことですから最終的には自分で決断をしなくてはいけないのですが、そんな心配をしなくてもいいようです。

私も、保護者の方に静岡県の入試の仕組みと昨年度の入試の結果の分析、その分析をもとにして進路のアドバイスをしました。

今週の土曜日21日は、塾生以外の方の学習相談などを行います。

今の学力でどこの高校に進学できそうか、内申点は十分か、昨年度の高校入試はどうだったかなど、無料で相談を受け付けています。

現時点で、午後2時から5時の間にまだ空きがありますので、お気軽にお問い合わせください。

朋徳学院吉原教室
電話 0545-53-0065






posted by 吉原教室 at 22:54| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

夏期講習弱点補強用のプリント作成中

今日は中学3年生会講習で使う、弱点補強用のプリントの準備をしています。

各校ごとに5種類以上の問題を用意しているので、このプリントをこなせば各項目の問題は解けるようになるはずです。

朋徳学院吉原教室の夏期講習は、大手のように無料とか9980円ではありませんが、内容に自信があります。

中学3年生だけでなく中1・中2の夏学習の募集もまだしていますので、どうぞ気軽にお問い合わせください。

また、進路や内申点についての無料相談もまだ行っています。

相談したからといって、入塾しなくてはいけないとか、夏期講習を受けなくてはいけないなどということはありません。

どうぞお問い合わせください。

朋徳学院吉原教室
電話 0545-53-0065





posted by 吉原教室 at 16:08| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

どこが分からないか分かる方法

中学生保護者の方で、「うちの子は何処が分からないか分からないみたいです。」こうおっしゃる方がいますが、どこが分からないのかすぐにわかる方法があります。

それは過去の定期テストを見る方法です。

小学生の単元テストでも同じです。

テストで間違えているところが、子どもが分からないところ。

当たり前といえば当たり前です。

過去のテストを並べてみて、間違えている部分をやり直して理解すれば、勉強はできるようになっていきます。

テストが返ってきて点数だけを見て、「アアできなかった。」で終わるからできないところができないままになっているんです。

返却されたテストをもう一度やり直して、出来るようにしていけば分からないところがなくなりテストの点も上がるはず。

もうすぐ夏休みになります。

ここでもう一度テストを見直して、出来なかった問題をしっかりできるようにしておきましょう。

学校では教えてくれない大切なこと 13 勉強が好きになる

旺文社 旺文社 2017-02-13
売り上げランキング : 6954
by ヨメレバ






posted by 吉原教室 at 00:15| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

オランダの小学校で宿題が出ないけれど

オランダは、「世界一子供が幸せな国」といわれています。

小中学校レベルで日本とオランダの教育を比較してみると、日本では子どもたちを「集団」として指導することが多いのに対し、オランダでは「個人」に焦点を当てて指導することが多いようです。

その例として、日本のほとんどの学校には校歌があります。

運動会や学芸会、卒業式などの催し物ではみんなで校歌を歌う姿がそこにあります。

しかし、オランダの学校には校歌がないそうです。


●小学校では宿題がないけれど

宿題がないと聞くとお子さんは喜びますが、保護者の方はどうでしょう。

宿題を出さないで、学習したことが身につくの?

なんて考えてしまいませんか。

オランダの小学校では、学校があるときも長期休みのときにも基本的には宿題は出ないのだそうです。

ところが、中学校に進学すると毎日のように宿題が出ます。

それまで家庭で学習する習慣がついていない子どもたちは、ここで大変苦労するようです。

中学校で宿題を出すようにするなら、小学校のうちから家庭で勉強する習慣をつけるために、少しずつ宿題を出せばいいのに何て思います。


●学校の先生になりたい人が少ない

「世界一子供が幸せな国」なのに、学校の先生になりたい人が少ないというのも意外でした。

理由は、給料が少ないために特に男性から人気がなく、昇進の機会も少ないからというのが理由です。

教育に力を入れている国なら、指導する教員の給料や待遇がかなりいいのではと想像していたので、「学校の先生になりたい人が少ない理由」を知って驚きました。


朋徳学院吉原教室では、中学3年生の夏期講習受講者を募集しています。
講習内容、受講料など知りたい方は、下記までお問い合わせください。
電話 0545-53-0065













posted by 吉原教室 at 13:18| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

高校受験の勉強もネットでできる時代になりました

高校受験の勉強がネットでできるサービスがあるんですね。

塾に行かなくても高校受験ができるとなると、ちょっと脅威です。

そのサービスの名前は、じゅけラボ予備校

近くにいい塾がないとか、いろいろな活動をしていて塾に通えないという受験生には便利なサービスかもしれません。

ただし、個別に指導するのではなくカリキュラムの提供だけのようです。

このブログで紹介するのは、指導の考え方が朋徳学院吉原教室とほぼ同じだからです。

例えば、英単語や歴史の出来事などを覚える場合、一般的には何度も書く、じっくり少しずつ覚える、あるいは一気に覚えるなどがありますが、そんな覚え方はしません。

実はこの覚え方、非常に効率が悪いんです。

暗記に関して言えば、まず書かない、短期間で大量にこなす、何度も繰り返す(復習)が効率がいい学習法なんです。

さらにこれプラス受験校の情報。

現状の学力を分析し、どうすれば希望高校に合格できるか学習プログラムを組み、あとは実行するだけ。

文字や言葉にしてしまうと非常に簡単なんですが、実際には大変な仕事です。

朋徳学院吉原教室は中学3年生の夏期講習受講生募集中です。

富士、富士宮で公立中学校に通っている皆さん。

受講費は他と比べるとちょっと高く感じるかもしれませんが、内容を考えるとかなりお得な夏期講習です。

高校受験、内申点の情報とともに詳しくお話させていただきます。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

朋徳学院吉原教室
電話 0545-53-0065










posted by 吉原教室 at 17:59| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

中学3年生は夏期講習を受けたほうがいいのか

夏になるとどこの塾も夏期講習、夏期講習・・・

特に中学3年生は受験を前にして、本人や保護者の方の不安をあおるような折り込みチラシを見ることもあります。

うちの子はこのままでだいじょうぶだろうか?

自分では何をどう勉強したらいいのか分からない。

そういう気持ちを利用して受講者を集めているようにも思えます。

IMG_0723.JPG
※塾の前にある鉢植えの花です。

高校に行きたいけど勉強したくない。

別に夏期講習なんて受けなくても変わらないんじゃないの?

中にはこういう人もいるかもしれませんが。

塾からみて、中学3年生は夏期講習を受けたほうがいいのかどうかということを考えてみました。続きを読む
posted by 吉原教室 at 13:07| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

夏期講習の内容・進行を決めているところです

朋徳学院吉原教室も、中学3年生の夏期講習を行います。

今回は、塾生以外で4人の受講生を募集をしています。

IMG_0722.JPG

合わせて、数学検定も行うので、数学検定の受験者も募集しています。

多くの塾で夏期講習を行います。

でも、「夏だから夏期講習」「冬だから冬期講習」を行うのが当然、書き入れ時だから・・・

大手なら、無料で、あるいは格安で講習を行って秋からの生徒を増やすという戦略のところもあります。

でもそれって、保護者のニーズに合っているんでしょうか?

保護者は、とりあえず夏期講習を受けさせれば安心できるとか、格安だから受講させてみよう、そんなふうに考えるんでしょうか。

勉強に関して、安かったから得をしたという考え方をしたのでは、受講させられる学生さんがかわいそうに思えます。

内容の薄い何も身につかない講義を聴くのは「時間の無駄」でしかありません。

講習を受けたことで、身につくものがあってこその夏期講習と考えてほしいです。


続きを読む
posted by 吉原教室 at 17:07| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

明日は静岡県中部地区学調研セミナー

昨日は東部地区のセミナーで、明日は中部地区のセミナー。

いろいろお手伝いをさせて頂いて、いろいろな方とのつながりが増えます。

ありがたいことです。

昨日は、静岡サレジオ高校の先生のお話から、高校の助成金の今後の動きなどを知ることができました。

それによって、私立高校へ進学する生徒が増えるのかどうか。

それでもまだ、公立高校進学志向が強く残るのかなど意見を聞くことができました。

静岡県では、一部の私立を除くと、私立高校は公立高校受験者の補助的な受け皿という意識を持つ人が多いのが現実です。

それでも昨年は、私立高校単願受験者の数が増えているのは、あえて倍率の高いところでの勝負を避けるという意識を持つ保護者や生徒が多いから。

でも高校受験は、合格してしまえばゴールなのではなく、合格はスタートです。

その後どのようにするのかを考えて、倍率が高いから低いからで進学校を決めてほしくないというのが私の気持ちです。

あすも、いくつかの私立高校さんがセミナーに参加して下さり、お話を聞けるのを楽しみにしています。

どのような魅力を持つ高校なのか、しっかり聞いてきて、ブログで紹介したいと思っています。










posted by 吉原教室 at 18:01| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

学力の七・五・三って何だ?

知っている方もいるかもしれませんが、子どもの学力に対して「七・五・三」ということがだいぶ以前から言われています。

続きを読む
posted by 吉原教室 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

高校中退者増加

中退者、今はどうなんだろうと思って、

以前の記事を再投稿してみました。

現在の状況日どうなっているか詳しい方、コメント欄を使って教えてくださあい。

静岡県の公立高校中退者の数が、前年度と比較して増加していることが分かりました。

2009年度の中退者数は883人。これに対し2010年度は、965人で1割近く増えています。

続きを読む
posted by 吉原教室 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

静岡県統一模試 富士会場の締め切りは29日の金曜日

もう何年も生徒募集の看板を出したことがなかったのですが・・・

今年は入塾性が少なく、生徒募集のかんばんを出しました。

IMG_0719.JPG


うちの塾は、遠くから通ってくる生徒が多く、口コミで入ってくる生徒がほとんどでした。

ですから折り込み広告や、ポスティングなどの募集をしていません。

そのせいか、地元地区の生徒が少なく、塾がある学区の生徒や保護者の方は朋徳学院吉原教室のことをほとんど知りません。

そこで生徒募集中の看板だけでもということで、今日の午前中に生徒募集の看板を取り付けました。


本題です。


7月県統一模試富士会場


7月の静岡県統一模試富士会場は、他の地区の実施日より1週間早い、7月8日の日曜日となっています。

今回は土曜日でなく日曜日実施となり、申し込みは今週の金曜日29日までにお願いします。




posted by 吉原教室 at 19:47| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

「宿題は効果がない」はフェイクニュース

ネット上で、小中学校、塾の宿題は効果がないという、間違った情報が流れています。

これは、デューク大学のハリス・クーパー教授の研究の英文を、重要な部分を抜いたまま和訳したのではないか、あるいは意図的にミスリードに導き閲覧数を増やすことを目的にしたのではないかと思われます。

宿題が効果があることは、実は誰もが経験していることです。

小学校2年生の九九を思い出してください。

九九を覚える宿題があったから、みなさんはかけ算やわり算ができるようになったと思いませんか。

宿題無しで、学校だけで九九を覚えさせられていたらどれだけ時間がかかるか想像して下さい。

クーパー教授が研究の中で言っているのはこういうことです。

小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習

杉渕 鐵良 すばる舎 2017-11-23
売り上げランキング : 18217
by ヨメレバ


多すぎない宿題は効果がある。

宿題は学習の大事な一部で、学年が上がるほど効果が高くなる。

小学生の宿題は、時間の管理と、家庭学習の習慣をつけさせるという目的もある。

小学生の宿題量は、学年×10分が目安で、多くなくてよい。

ネット上で、クーパー教授の研究を根拠にした「宿題不要論」が出回っていますが、それは英文を正確に訳していないか、宿題はいらない方向に意図的に内容を捻じ曲げたものです。

宿題が不要なら、学校の勉強だけで学力は十分つくはずで学習塾も不要になってしまいます。

これは立場的にとても困ります。







ラベル:宿題 勉強
posted by 吉原教室 at 14:07| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

お世話になっているサイトリンク集