2014年12月09日

スピードラーニング・ジュニアで出来ること

「英語ができるようになりたい」と思っている人は多くても、「英語ができるようになった」と喜んでいる人はあまりいません。

それは、思っている人はたくさんいても「始める」ことができない人「続けることができない」人がほとんどだからではないでしょうか。

※この記事は、小学生・中学生向けに書きましたが、大人の学習でも共通する内容があります。ぜひ学習の参考にして下さい。


英語ができるようになるために、どうすればいいか?

大切なことは2つです。

そうです、もう書いてあります。

「始めること」と「継続すること」です。

P1020842.JPG
(第3巻には、私達があまり知らないアメリカの行事「サンクス・ギビングデイ」と日本人として初めてアメリカに渡ったジョン万次郎の話が入っています。ジョン万次郎が、アメリカでどんなだったのかが分かり興味をひかれました)

始めること

英語ができるようになりたいと思っても、なかなか行動に移せないのはなぜでしょう。

物事を始めるには、エネルギーが要ります。

生活のパターンに慣れてしまっているので、そのパターンを変えるとなると面倒なんですね。

「スピードラーニング・ジュニアは、空いている時間を上手に使って聞き流すだけ」と言っても、やはり今までボーっとしていた時間が、ボーっと出来なくなるわけですから、面倒と感じる人がいても当然です。

大人でも子供でも、「ワクワク感」や「できるようになったときの期待感」が無いと物事を始められないのです。

つまり、英語ができるようになるためには、あなた自身の夢や目標が必要。

しっかりした目標があれば、英語ができるようになったときの自分の姿が想像できるので、英語学習も受け身でなります。

「目標があるから行動できる」、これは真理です。

この視点から、


この教材が向く人

スピードラーニング・ジュニアは、目標があって始めたという人が多い教材だと思います。

学習の基本は、英語を聞き流すことです。

特に、スポーツ系の夢を持っている人は、練習で時間を取られ、英語を勉強する時間が取れないと場合が多いでしょう。

でもこの教材なら、練習場所までの移動中、朝起きたとき、寝る前など、場所や時間帯に関係なく使えます。

たとえ忙しい人でも、自分が何のために英語を身につけたいのかがはっきりしている人には特にオススメの教材です。


この教材でできないこと

英語の文法を身につけたい、という人はこの教材では学習できません。

あくまでも英会話教材なので、英文法を学習したいなら、文法の参考書で勉強しなくてはなりません。

でも、会話で英文法が無視されて使われているわけではありません。会話の表現は、独特のものがあったり、省略されている部分があったり、学校のテストで出題されるようには使われていない場合があるのです。


私の提案「教科書と併用」

私が一番いいと思う使い方は、この「教科書と併用」する方法です。

英語が苦手になってしまっている場合、まず英語になれるためにスピードラーニング・ジュニアを使い、英語の苦手意識を減らしていきます。

それから、教科書ガイドなどと一緒に使いながら英語の力をつけていこうというものです。

これなら、教科書ガイドで文法や表現を学習しながら、実際に使われている英語に触れることもできます。

この方法で、まず伸びるのはリスニングの力。

リスニングが伸びて少し自信がつけば、学校の勉強にもいい影響が出るはずです。

「始めること」のまとめ

英語を身につけるには、「夢」や「目標」を持つこと。

P1020841.JPG
(第8巻は、アメリカのサマーキャンプについて。その様子は、日本とだいぶ違います。江戸から東京へでは、日本が開国するきっかけになった、ペリーの来航についてです。教科書での勉強には出てこない内容があり楽しめました)


継続する

継続するために必要なのは、好奇心と達成感。

さらに、不安を取り除くことも大切です。

まず、学習が継続できない原因をいくつか見てみましょう。


学習をやめる原因

1、 始めてはみたものの、だんだんやる気が無くなってしまう。

2、 やり方が正しいかどうか不安。

3、 忙しくて時間が無い。

4、 楽しくない。

5、 学習の仲間がいない。(孤独)

6、 今どのくらいの力があるか分からない。

1は、最初頑張りすぎて無理な計画と立てた場合よくあるケースです。無理なく学習できるように、計画を見直すことが必要です。

P1000627.JPG
(「夢かなえるゾ!」シートに書いた目標を読みなおし、聞き流しの時間に無理が無いかどうか見直してみましょう)

あなたの夢を実現するまでの小さなステップを作り、それを一つずつこなしていきましょう。

やる気が無くなって来るのには、6のように学習した結果が確認できないことも原因かもしれません。

学習過程で、自分の力を確認していくことも大切です。

スピードラーニング・ジュニアではWEB上で、各巻のチェックテストができるようになっています。

こちらのURLから
http://www.espritline.co.jp/ptl/listeningcheck/sl_jr.html

これを利用して、自分がどのくらい聞き取れるか確認してみましょう。

確認は毎日でなくていいので、3日に1回とか4日に一回など決めておくと、前回からどのくらい進歩しているかがよく分かります。

1と2と5の問題は、エスプリラインさんのサポートに相談してみてはどうでしょうか。

特に2のように、学習方法はこれでいいのか、聞き流しでなかなか効果が無いから不安とか、英語が口から出てくるようになるにはどうしたらいいかなど。自分1人で悩んでいても解決はしません。

不安を持ったままだと、だんだんやる気も無くなります。

サポートスタッフの方に相談して、不安を少しでも軽くして下さい。

英語学習の目標が曖昧になって来ると、3、4などの気持ちが現れることがあります。

もう1度英語学習の目標を確認して、英語ができるようになって夢を実現させている自分自身を思い浮かべてみましょう。

英語学習を学習の目的にしてしまわないよう、英語学習の先にあるものが見えると楽しく英語学習が続けられます。


好奇心と達成感


好奇心を持つ

何に対しても興味を持てないという人がいますが、その人は「好奇心」が無いのではなく、単に知識や経験が少ないのだと思います。

まだ面白いと感じるものに出会っていない、知識が無いので興味をひくものが見つからないのです。

「知りたい」という欲求は、人間が本来持っている本能だそうです。

知識が増えれば好奇心が高まってきます。

知識を増やして眠っている好奇心を呼び起こすには、今まで知らなかった新しいことを探すことが効果的です。

それには、日本にない文化などの特徴を知ること。

違いを知ることが、効果があります。

スピードラーニング・ジュニアの「ジュニアタウン」内「アメリカのこれ知ってる!?」では、バースデーパーティやバーベキューなど、アメリカの行事について紹介してあります。

CDの中にある行事などの内容が詳しくわかると、『スピードラーニング・ジュニア』を興味を持って聞くことができます。

こちらのURLから
http://www.espritline.co.jp/ptl/junior/usa.html


達成感

達成感を持つにはどうすればいいか?

小さな成功体験を積み重ねていくことです。

成功体験といっても、難しく考える必要はありません。

1番簡単なのは、記録をつけることです。英語学習(聞き流しなど)をした日、カレンダーの日付に丸をつけましょう。

今日もできたという、小さな達成感が生まれます。

丸で囲んだ日が続くと、その丸をつけること自体が楽しくなります。

P1000628.JPG
(スピードラーニング・ジュニアは、各巻に聞き流シートがついています。これに、聞き流しした時間を記録。小さな丸1つが20分。ここを塗りつぶしていくことでトータルの英語を聞いて時間が分かり、達成感が生まれます)

それから、前に書いたことと重複するのですが何日かおきに、各巻のチェックで学習の確認をしてみましょう。

できた問題数は、自動的に記録されるので以前のものと正答数が比較できます。

できる問題が増えていれば、力が伸びている証拠です。

力の伸びを確認できることは、とてもうれしいことです。

それから、月2回のフリートークとリッスン&リピートは、必ず利用しましょう。

スピードラーニング英語やスピードラーニング・ジュニアは、英会話教材です。

聞き流しで蓄えた英語を、実際に話すことで英語の力はさらに伸びます。

できれば、英会話練習には締め切りを設けて下さい。

例えば、

1回目は毎月10日までに、2回目は25日までに必ずやる。

というように。

締め切りを設定することで、目標が行動につながっていきます。


「継続する」のまとめ

継続するためには、知識を増やして好奇心を強くする。

小さなステップを作り、達成感を満足させる。

目標やステップに締め切りを設ける。

サポートを最大限に活用する。


英語が全てでないことも知っておく

英語は、将来の可能性を開いてくれるという意味で、あなたの強い味方です。

でも英語が全てではありません。

日本語も大切にして下さい。

英語を母国語としない私達にとって、日本語で理解できないものが英語で分かる・表現できるということはほとんどありません。

英語はあなたの夢を実現するための手段。

目的ではありません。

あなたが英語で何を伝えるか、そのことが大事です。

あなたが伝える会話の中身が豊かで内容のあるものになるために、ほかの勉強もしっかりして下さいね。


公式ページで内容確認>>『スピードラーニング・ジュニア』



この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270948274
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

お世話になっているサイトリンク集