2017年04月18日

スピードラーニング・ジュニアの正しい聞き方6~10

スピードラーニング・ジュニアの正しい聞き方1~5の続きです。

この記事は、中学生の人を対象に書いています。

P1020765.JPG


正しい聞き方6:電話で英会話練習

スピードラーニング・ジュニアは、英会話教材です。

英語を話せるようになることが目的の教材です。

聞き流しで英語をインプットしたら、アウトプットの練習もしましょう。

スピードラーニング・ジュニアには、1か月に2回、電話での無料英会話練習できるサービスがついています。

フリートークとリッスン&リピートです。

サービスというよりは、このフリートークとリッスン&リピートも教材の1部だと考えて下さい。

「リッスン&リピート」
外国語を口から出すことに慣れるためのプログラムです。
外国人スタッフが外国語を話しますので、聞こえたとおりに発音するだけです。

「フリートーク」
外国人との会話に慣れるためのプログラムです。
最近話題になっていることや興味のあることなど、好きなことをなんでも自由に話して下さい。

この英会話練習をしっかりしましょう。

電話での英会話練習に抵抗があるのは分かります。

電話で英会話の練習なんかできないと臆病になってしまいますが、外人の友達ができるんだと思って気軽に、あるいは出たとこ勝負だと開き直って電話しましょう。

第1巻、2巻を聞き流している時には、相手の英語を繰り返す、リッスン&リピートがいいかもしれません。

1回の練習時間は5分程度なので、夢中で練習しているとあっという間に終わってしまっいます。

普段、英語を話す機会はあまりないと思います。英語を話したいけれど自身が無い人、聞き流しでどのくらい力がついたのか知りたい人、早く英会話ができるようになりたい人はもちろん、受講しているならぜひ利用して下さい。

こちらの記事も参考にして下さい。
フリートークとリッスン&リピート>>


正しい聞き方7:完璧を目指さない

どんなことでも完璧を目指す人がいますが、英語では完璧を目指すと挫折します。

聞こえてきた英語の単語全てを聞き取ろうとして、ちょっとでも聞き取れないところがあると「英語が聞き取れない」と思い込んでしまいます。

中学生の方は、まだ英語学習を始めたばかりなのでこのような人は少ないと思います。

聞き流しは、まず英語のリズムと音に慣れ少しずつ英語が聞き取れる量を増やしていく、それが会話につながると考えて下さい。

意識を集中して英語を聞く必要はありません。無意識で英語を聞いていても、あなたの英語力は大きく伸びます。

聞き取る力は、英語を聞いた量に比例してついていきます。

初めて聞いた時には、「スピードが速くて聞き取れない、聞いてもよくわからなかった」と感じるのは当然。

英語に慣れるまでは、雑音の中に英単語がポツリポツリと聞き取れる感覚です。

それが次第にリズムに慣れ、音への抵抗感が無くなり聞き取れる内容が増えていきます。

継続することで、英語の聞き流しは、確実にあなたの英語力を上げていってくれます。


正しい聞き方8:サポートを利用

スピードラーニング・ジュニアを聞き流していて、疑問に思ったり、不安が出てきたりしたらサポートデスクを利用しましょう。

教材の進め方や聞き方の相談に乗ってくれます。

悩みや不安があると、どうしてもそれが気になります。

英語の聞き流しの障害になってしまいます。

聞き流しがうまくできなかったり、自分の聞き方でいいかどうか分からなかったり、日本語ばかりが耳に残ったり。

長い文が、何度聞いても聞き取れない部分があって不安だったり。

そんな時には、サポートセンターに電話してみましょう。

アドバイザーの方が、メンタル面、テクニカル面でのサポートをしてくれます。

サポートセンターを上手に利用して、不安や疑問をなくし、安心して学習を進めましょう。


正しい聞き方9:学校の授業

スピードラーニング・ジュニアの聞き流しを続けていると、リスニング力がつき発音もよくなり英語が楽しくなってきます。

だからと言って、学校の英語授業をおろそかにしてはいけません。

中学教科書で学習する文法や基礎表現は、使用頻度が高いので英会話ではすぐに役立ちます。

聞き流しと学校の文法や表現の知識を加えた学習は、会話での応用力がつき、表現の幅が広がります。


正しい聞き方10:日本語

「英語の聞き流し」だけしていれば、英語はしゃべれる?

答えは、Yesであり、Noでもあります。

日本語で意味が分からないものを、英語で説明できるでしょうか。

できませんよね。

また普段無口な人が、英語ではとてもおしゃべりになるなんてこともありません。

英語で挨拶だけできても、それが何になるでしょう。

相手に伝えたいことが無ければ、日本語でも英語でも会話にはなりません。

スピードラーニング・ジュニアを12巻全部聞き終えれば、英語でいろいろなことが話せる力はついています。

でも話すことが無ければ、そのすばらしい英語力も何の役にもたちません。

英語を聞くのと同時に、日本語もみがきましょう、様々な話題に興味を持ちましょう。

本を読んだり、新聞を読んだりして世の中のことをもっと知って下さい。

それはあなたの英語力だけでなく、人間としての魅力にもつながります。

英語学習は、英語に力だけつける学習ではありません。

英語を通して、夢を実現する。

英語を通して、自分を見つめる。

英語学習することで、世の中の様々な変化や文化の違いを知る。

そのためには、日本語でさまざまな知識を増やしていくということも欠かせません。

私はそう思っています。

ここまで、スピードラーニング・ジュニアの正しい聞き方(私の勝手な意見ですが)10項目をを書きました。

長い文章を最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

あなたの学習の参考になれば、うれしく思います。


公式サイトで内容確認>>


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246666347
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

お世話になっているサイトリンク集