2009年12月04日

子どもに英語を学ばせたい親の悩みは?

英語必修化の波―小学英語はどうなる?

小学校での英語の授業が2011年度から5・6年生を対象に必修となりますが、それに先立って配布されていた「英語ノート」が政府の事業仕分けで廃止になりました。

このことが子どもたちにどう影響するのかはまだわかりませんが、英語に対する不安や心配が増えなければいいなと思います。

先日小学校の先生に聞く機会があり、英語ノートについて聞いてみました。

英語ノートは教科書ではないのですが、小学校の先生はこれがあると安心して授業を進められる、しかし英語ノートに縛られ過ぎると自由な授業ができなくなる。

まとめてみると、こんな意見です。


小学校の英語は教科外学習で、正式な教科でないので評価がありません。英語を楽しんで英語で積極的に表現しようという気持ちを育てるためのものです。

ですから、教え方もその趣旨に沿えば自由なので、わざわざ指針となるようなものを配って英語学習を型にはめる必要もないのかもしれません。

小学校で英語を教えることの是非は別として、子どもが将来「英語が必要な仕事」に就きたいと思ったときのことを考えると、できるだけ早いうちから学ばせたほうがいいのでは、と思うようのは親として自然なことです。

ただ親が押し付けるような形では、逆効果になりかねません。

英語が嫌いになってしまうと中学や高校で大変な思いをすることになるだろうし…。

富士市の小学校では、ときどきネイティブの先生が来て英語にふれあう時間があります。

生徒にその感想を聞いてみると…

「英語の時間は楽しかった?」
「うん!」
「先生の英語わかった?」
「よくわかんない!」(←いい笑顔で即答)

私はそれでもかまわないと思うのですが、これが親との会話なら

う~ん、英語を楽しいと感じているのはよかったけど、「授業」になったときちゃんとついていけるのだろうか…。

不安になるかもしれませんね。

小学校での英語の授業は、「聞く・話す」ことが中心になるそうですが、自分の子どもに英語を聞かせたり話したりすることができる親はどれくらいいるでしょうか。

そう多くはないはずです。

子どもには実際に使える英語を身につけてほしいと思っているものの、楽しくないと続かないのが子どもというもの…(あ、大人もか)。

今、子ども向けの英語教材は数多くあり、どれも楽しそうですが、海外に行ったときや外国人と会ったとき実際に使えるのかどうかまではわかりませんよね。

英語教室なら生の英語に触れることができます。近くにいい英会話教室があればいいのですが、そうでない方のほうが多いでしょう。

あまり遠いと送り迎えが大変。

そうなると、自宅でできる教材を探してみることになります。

そういう人に私が勧めているのが、スピードラーニング・ジュニアです。実際に使って感想をレビュー記事としてブログに書いているので、参考にしていただきたいと思います。

私のレビュー記事だけでは不安だという人のためには、教材を探していたお父さんのことが書いてある記事を、許可を得て転載させていただいたので、こちらも読んでみて下さい。


プロゴルファー石川遼選手も聞いていた英会話教材を発見!

※途中からです

そうして出会ったのが、毎月送られてくるCDを聞き流すだけという英会話教材『スピードラーニング』。なんとプロゴルファー・石川遼選手も受講している教材です!

石川選手といえば、海外での試合の記者会見で、堂々と英語を話していた姿が印象的でした。この教材なら実際に使える英語が身につくのでは、と期待がふくらみました。

ホームページを見ると、石川選手のようなプロゴルファーを目指している男の子や、プロのダンサーを目指して留学した女の子も受講していたという『スピードラーニング・ジュニア』という子ども向けの教材もあるとのこと。

石川選手も最初はこちらを受講していたそうです。「これだ!」と思い、さっそく申し込んでみました。

届いた教材を開けてみると、オレンジのパッケージに入ったCDやテキストなど、カラフルでポップな感じ。試聴用のCDもあり、まずはそちらを聞いてから受講するかどうかを決めてくださいとのことでした。

私の心の中ではすでに受講を決めていましたが、子どもが興味を持ってくれないと意味がないと思い、試聴用CDを聞かせてみることに。

正面から「これ聞いて」というと「ヤダ」と言われてしまいそうだったので、リビングにいるときにさりげなくかけてみました。

すると、「これ何?」と興味を持った様子。「もっと聞きたい?」と尋ねたところ「うん」と答えたので、第1巻のCDを聞かせてみました。

P1000633.JPG


「勉強しなさい!」と言わなくていい

この巻には、アメリカの学校に通うことになった男の子と女の子の話と、童話「みにくいアヒルの子」が収録されていました。

子どもと一緒に聞いていましたが、これは大人が聞いても楽しい!

読んだことがある童話も、英語で聞くとまったく違ったお話のように感じます。…が、英語はほとんど聞き取れなかった自分にがっかり。

子どもはというと、「グッモーニン」とか「ワッツザット」と、聞き取れた英語を口に出すことがあり、とても驚かされました。私も負けじと英語に耳を傾けましたが、登場人物の名前がサトシであることくらいしかわかりませんでした。(がんばれ自分!)

それからは家や車の中で『スピードラーニング・ジュニア』のCDをかけています。

わざわざ「勉強しなさい!」と大声を出して無理やり机に向かわせるなんてことをしなくてもいいし、CDには日本語訳も入っているので、「これどういう意味?」と聞かれなくてすむので非常に助かっています(;^^

さらに、『スピードラーニング・ジュニア』は全巻そろうと背表紙のイラストがつながるようになっているので、次の巻が待ち遠しくなってしまいます。こういったさまざまな工夫がされているから、『スピードラーニング・ジュニア』を続けることができるんですね。


『スピードラーニング』受講者だけのお楽しみ♪

また、受講者特典として「フリートーク」というサービスがあることを知りました。

これは、月2回、電話で5分程度エスプリラインのネイティブスタッフと英語で会話できるというものです。うれしいのは、これが無料でできるということ(通話料はかかります)。普通だったらこういったサービスは別料金がとられてしまいますよね。

息子は『スピードラーニング・ジュニア』を聞くようになってから、私に英語で話しかけてくることがあります。もちろん意味はデタラメですが…。

そこで、思い切って「フリートーク」をさせてみることにしました。

まずは私がかけて、子どもに「ハローって言ってごらん」と受話器を渡してみると…おそるおそる「ハロー」と言ったきり固まってる(笑)。

すると、後ろで応援していたいた私に突然受話器を放り投げてきました!

とりあえずスタッフの方に何か言わないと…と思いましたが、私も英語が出てこず、「あ~、あいむそーりー…えーと…」と、先ほどの子どもと同じ状態に。スタッフの方が笑いながら「オーケー」と言ってくれたので助かりました…。

その後、「フリートークはまだ早かったな、ごめんな」と声をかけると、「お父さんが話せないのに僕が話せるわけないじゃん!」と怒られてしまいました。

はい、おっしゃるとおりです…。


子どもの可能性を広げるために親ができること

そんなこともありましたが、子どもは今も『スピードラーニング・ジュニア』を聞いています。

英語だからといって身構えることなく、どんどん吸収していく子どもには本当に驚かされますし、うらやましくもあります。私も『スピードラーニング・ジュニア』に出会っていれば…

とつくづく思いました。

ベネッセが実施した「第1回中学校英語に関する基本調査」では、7割の中学生が「自分が大人になるころには今よりも英語を話す必要がある社会になっている」と答えたそうです。

たしかに、これからの社会を生きる子どもたちにとって英語は今以上に重要なものとなっていくでしょう。

将来の選択肢が少しでも増えるよう、子どもにはできるだけたくさんのことを学んでほしい。『スピードラーニング・ジュニア』の力を借りて、親だからこそできることをやっていきたいと思っています。



公式サイトで内容確認>>


関連記事
子どもに英語を学ばせたい親の悩みは?
スピードラーニング・ジュニアを生かす勉強法
気になる!プロゴルファー石川遼選手の英語力
英語力は家庭力?!
スピードラーニング・ジュニアで英語耳はできたか?
英語は楽しく
エスプリ・ジュニアランド「サンクスギビング」
NEW エスプリ・ジュニアランド
英語の聞き流しとかけっぱなし
スピードラーニング 休止中でもフリートークOK
スピードラーニング・ジュニア「音」
英語と仲良しに スピードラーニング・ジュニア
スピードラーニング・ジュニアの目標 聞きながシート
イングリッシュオンリーCD
スピードラーニング・ジュニア、ここがいい
無料試聴CDを10日間お試しください
スピードラーニングはどのように生まれたか

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134723941
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

お世話になっているサイトリンク集