2016年04月29日

ホームページにメールフォームを追加しました

朋徳学院吉原教室のホームページを作り始めてから1週間が過ぎました。

今までは、電話番号とメールアドレスをダダ表示していただけでしたが、問い合わせがしやすくなるようにメールフォームをページに追加しました。

http://site-826099-6379-2414.strikingly.com/#_5

でもまだ、大切な指導方針については書いてありません。

書きたいことがたくさんあって、まとまらないからです。

とにかく早くホームページを完成させて、たくさん問い合わせが来るようになればいいなあと思っています。




posted by 吉原教室 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

中2数学 式の値

式の値は、文字の部分に与えられた数字を代入して計算することですが、まず式を簡単にしてから代入します。



入塾のご案内>>




posted by 吉原教室 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学生の部屋 | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

新しい教材 こんなものを作りたい

●どんな教材を目指すか

 昨日は、新しい教材を作ることになったということを書きました。自分たちで作るのですから、成績を上げるのに効果がある教材を作りたい思っています。できれば、誰が教えても成績が上がる教材を目指したい、「そんな教材ったあるの?」って信じてもらえないかも知れませんね。でも、どんな教材だったら生徒たちの成績を上げられるかを考えるのは大切なことです。


●成績を上げる教材の条件

 成績を上げる教材の条件は、短時間で、目に見える形で生徒が思っていた以上の成果を出す教材であれば、生徒は自分に力がついていることが実感できて、自分から進んで勉強するようになります。

 短時間で成績を上げるという条件を満たすために、教材の中の情報を絞りこんで質を高めることが必要です。まただれでも嫌がらずに取り組むことができるように、学習方法を単純化させた教材が好ましいですね。子どもたちは、複雑なことをしたがりません。とにかく面倒くさがりです。


●量をこなして定着させる

 学習内容が、しっかり定着しないと成績は上がりません。学力を定着させるためには、量をこなさなくてはなりません。どのように量をこなさせればいいか。情報を絞り込んで、何を覚得なくてはならないか、重要ポイントが明確に絞ってあるなら、それを子どもたちが取り組みやすい形にアレンジします。また、絞った学習内容から、出題の形を変えて何種類かの問題を作っておく必要もあります。


●基礎基本を大切にする

 基礎が身についていない子供に、いくら演習問題を与えても成績は上がりません。まずは、基礎をしっかり身に着け、基本問題を解けるようにすることは大切です。教材の中で、基礎基本の割合を8割くらいはほしいと考えています。

 大まかな部分では、新しい教材について考えているのは以上のようなことです。
※この日記は朋徳学院吉原教室のホームページと共載になっています。

入塾のご案内>>







posted by 吉原教室 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

中2数学 多項式と数の除法

多項式わる数の計算について説明しました。

割り算は、わる数を逆数にしてかけ算に直してから分配法則を使って計算していきます。



入塾のご案内>>





posted by 吉原教室 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学生の部屋 | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

新教科書に合わせて教材づくり

 今年度、中学校の教科書が新しくなりました。学習内容の説明などが丁寧になり、新教科書は子どもたちが自学自習をしやすくなったなあと感じます。

 その改定もあり、他の学習塾さんと協力して地理と歴史、そして理科の塾用の教材を作ることになりました。現在は、教材会社の学習塾用教材と朋徳学院吉原教室のオリジナル教材を使って授業を進めているのですが、学習の定着面でもっといい教材がほしいなあ、作ろうかなあと思っていたところに知り合いの塾の塾長さんから、「新教材を作ってみない」と声をかけられたのです。

 私も、1人で作るよりはいろいろなアイデアも聞けるし、自分が気づかない面も気づかせてもらえるのではと思い、このお話に乗せて頂くことにしました。

 ただ、人数が多くなると内容がまとまるまでに時間がかかるのではないかという心配もあります。でも、行動する前から心配していてもしょうがありません。とりあえずは、第1回の教材会議が5月2日なので、こちらの教材案をまとめておこうと思います。
※この日記は朋徳学院吉原教室のホームページと共載になっています。

入塾のご案内>>








posted by 吉原教室 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

中2数学 確率の求め方基本・トランプと色玉

トランプと色玉を例にとって、確率の求め方の基本的考え方を説明しました。



入塾のご案内>>





posted by 吉原教室 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学生の部屋 | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

大型連休後のテストだと生徒が集中できないでも・・・

●連休中は勉強できない、でも定期テスト

 ゴールデンウィーク直後のに定期テストがあります。子どもたちは、学校が休みになり気持ちは遊ぶことばかりに向いてしまします。どのようにテスト勉強をさせるかが、保護者そして塾の悩みで頭を抱えるところです。


●テスト範囲を確認させる

 塾でまずさせることは、生徒にテスト範囲を確認させることです。いつテストがあって、その範囲はどこまでか。そのテスト範囲で特に出題されそうなことは何かを生徒に意識させます。そして、テスト範囲の中で過去の定期テストでどんな問題が出たかを生徒に伝えることもします。


●目標を設定させる

 次に、生徒と一緒に今回のテストでの目標点を設定します。そして、目標点を取るために具体的にどのような問題が解けるようになればいいかを考えます。数学で例えれば、計算問題で何点取れる、図形やグラフで何点・・・のように。主要5科目について、目標点を取るためにどんな問題をしっかり解けるようになればいいかを考えるわけです。


●定期試験の日から逆算して行動

 次にすることは、定期試験の日からいつまでに何をすべきかを決めることです。期日を設定することで、具体的にいつまでに何をしなければならないかがはっきりします。
 これで、大型連休を挟んでも生徒たちがテストについて意識を向けやすくなります。

※この日記は朋徳学院吉原教室のホームページと共載になっています。


入塾のご案内>>







posted by 吉原教室 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

中2数学 確率の求め方基本 さいころ

確率の求め方基本的な考え方を、さいころを1回投げる場合の目の出方を例にとって説明しました。



入塾のご案内>>




posted by 吉原教室 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学生の部屋 | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

私立中学校の数学のレベルにちょっと驚きました

今朝、私立中学に入学した生徒がたずねてきました。土日に行事があったとかで、今日は代休だったようです。数学の教科書持参で、ちょっと分からないところがあるので教えてほしいというのです。問題を見てみると、高校数学1で学習する内容を、中学1年生の正負の数のところでもう教え始めています。朋徳学院吉原教室では、基本的に公立の小中学生を教えているので、公立と私立の学習内容の差に改めて驚きました。

 授業の進め方もただ暗記させるのではなく、生徒たち自身に考えさせることを大切にしているようです。最近富士市のような地方でも、子どもを私立中学校に入れていという保護者の方が増えているのがわかる気がします。

入塾のご案内>>







posted by 吉原教室 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

吉原1中の定期テストは5月13日・金曜日

吉原1中の5月テストは、13日の金曜日行われることが分かりました。

 まだ早いと思われるかもしれませんが、朋徳学院吉原教室では今日から5月テスト対策を始めます。板書き授業ではないから、通常授業の中にテスト対策を組み入れることができることがうちの塾の利点です。 朋徳学院の学習スタイルは、個別学習と団体学習をミックスしたもの、チーム学習と私は呼んでいます。

 どんなことから始めるかというと、前回テスト範囲の次の部分から、理科と社会は重要語句を覚えなおし、英語は単語の確認をしっかりさせます。数学は、昨日のブログにも書きましたが、テスト範囲を予想して(日程はわかっていますが、テスト範囲は発表されていないので)その子のレベルの少しだけ上の問題を解かせてていきます。

 中学1年生に関しては、まず小学校の復習プラスα。αの部分はまだはっきりと決めていないんですが・・・

 ゴールデンウィークがあるので、学習できる日は多くありません。新学年の勉強の初め、とにかく学習に勢いをつけさせたいと思っています。

入塾のご案内>>







posted by 吉原教室 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

子どもに考える力をつけるために与える問題のレベル

●子どもごとにレベルを変えるのが理想

 子どもが自ら考え、問題を解いてく力をつけさせるためには、与える問題のレベルを子ども一人一人によって変える必要があります。このため、最近は個別学習の塾が多くなってきているんですね。


●勉強が嫌いで学習習慣がない場合

 今まで学習の習慣がなかった子どもの場合、まずその子が簡単に解けるレベルの問題から始めます。学習習慣がなかったということは、勉強がかなり嫌いで、学校で授業を聞いても内容が理解できないというように考えれれるからです。わからないから嫌いになったと考えれば、簡単にわかる、解ける問題から与えるのは、子どもに問題が解ける面白さを知ってもらうためです。自分の力ですらすらとけるから面白い、そう思わせること、さらに簡単な問題でも、勉強をしなかったために忘れている部分を思いだしてもらって基礎の力をしっかりつけさせていきます。


●一般的な場合

 一般的な子どもの場合は、その子の簡単に解けるレベルより少しだけ難しい問題を与えます。例えば、10段階で3レベルの子供なら3.5レベルの問題を解かせるのです。4レベルでも5レベルでもいけません。自分で考えて解くという意思がしっかり身に着くまでは、少しだけ負荷をかけるだけにします。その子が解けるちょうどいいレベルではなく、ちょっとだけ考えれば解ける問題を与えるのです。子どもに、これなら解けそうだと思わせればしめたもの。それを繰り返していくことで、だんだんと難しい問題も解いてみようという意思が育っていきます。

入塾のご案内>>







posted by 吉原教室 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

どうすれば学力がつくのか

知っているようで知らない事実は、

全部は教えないこと


 子供を塾に行かせる保護者の気持ちは、とにかく勉強ができるようになってほしい、成績を上げてほしい、ということ。あるいは、受験で合格することです。

 受験で合格させることについては、どこの塾もどうすれbがいいか知っていて(これを知らずに塾は成り立たないんですが)、生徒の入試で受かるような勉強をさせるだけです。塾の指導テクニックの面が大きいです。

 でもこの方法だけで、学力(自分で問題を解決する力)を身に着けられるかというと、ちょっと疑問です。もちろんできる子たちはこの方法でも、学力はつくんですが、中間以下の子供たちの力はなかなかつきません。1次的にテストの点が伸びることはありますが、それがそのまま学力の伸びとは言い切れないんです。テストの点が伸びたのは、教えられたことを教えられたとおりにできたからです。保護者の方はこれで十分満足してくれます。でもそれでは、出題の仕方がちょっと変わると正解を出せない子供が出てきてしまうんです。

 子どもたちは、「わからなければ先生に聞けばいい」と考えているからです。自分で考えられない状態を「学力がついた」とは言えないでしょう。子どもたちに思考する習慣を身に着けさせる必要があるのです。思考とは自分が持っている知識を使って、組み合わせて、問題を解決していくことです。ですから、指導者は子どもたちに全部を教えないことも必要になってきます。

 これは、何も教えないまま子どもたちを突き放すということではありません。必要な知識を与えたら(しっかり基礎をできるようにして)そのあとを子どもたちに考えさせるのです。ですから、子どもたちのレベルに合わせてどんな問題を与えたらいいかが重要になります。

 どんな問題を与えるかについては、次回の日記で書きたいと思います。今日お伝えしたいのは、子どもたちに最初から最後まで、丁寧に教えすぎてはいけないということ。子どもたちの学力を伸ばす手目に、教えない部分を残しておくことが必要だということです。







posted by 吉原教室 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

HP製作中

いま、朋徳学院吉原教室のホームページを制作中です。
URLは、

http://site-826099-6379-2414.strikingly.com/

ブログとは違って思うように表示できずに苦戦しています。

PC、タブレット、スマホに対応できるようになっています。

ブルグでは、塾の指導方法やなどについて細かく触れていないので、ホームページのほうで詳しく説明する予定です。







posted by 吉原教室 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

ネパールの子供たちを助ける書き損じはがきが100枚集まりました

ネパールの子供たちを助ける書き損じはがき運動の今日は最終日。

昨年地震被害のあったネパールの学校を支援するための活動です。

集まったはがきを数えてみたら、ちょうど100枚でした。

支援というのは、どんな小さなことでも自分のできることをするのが大切です。

こういう活動を通して、子どもたちに他人を思いやる気持ちが育ってくれたらいいなあと思います。

昨日は、熊本で地震があり何人かの方が亡くなられました。

本当に地震は怖いですね。

私の住んでいる静岡県も、以前からいつ地震が起きても不思議じゃないと言われている地域です。

普段から災害に備えて、非常食の準備や避難場所の確認をしっかりしておこうと思いました。

集まったはがき、月曜日にチャイルド・ファンド・ジャパンに送ります。




入塾・受講を希望される方はこちら>>




posted by 吉原教室 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

ディスプレイボードで置いたものがすぐに見つかる

パソコンの前で仕事をする時間が多い私は、どうしてもパソコンの周りが散らかってしまいます。

机が狭くて、いろいろなものを置くので書類などを探すのに苦労することもあります。

それを解決してくれるこのがないかと探して見つけたのがディスプレイボードです。

P1050548.JPG

続きを読む
posted by 吉原教室 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

中1数学 整数と自然数

自然数とはどういう数なのかを説明しました。






入塾・受講を希望される方はこちら>>




posted by 吉原教室 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学生の部屋 | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

『スピードラーニング・ジュニア』で英語の成績が伸びるか

私がスピードラーニングで英語学習をしているのを知っていて、自分も試してみたいという生徒がいます。

スピードラーニングで学校の英語の成績、特にテストの点をあげたいと思っているようです。

スピードラーニング・ジュニアを聞けば、自然に成績が上がるんじゃないかと勘違いしている子供もわずかですがいました。

学校の成績を上げるのに『スピードラーニング・ジュニア』が有効かどうかと聞かれたら、

テストの点を上げるには教科書をしっかり読んだほうがいいよ

とアドバイスします。

学校の定期テストでは、教科書の内容(本文の内容と文法)が出題されるのですから当然ですね。

教科書を音読することで、リスニングの力も付きます。

じゃあなぜブログでこの教材を紹介しているのか?

それは、この教材の内容を聞けと、実際に英語を話している人たちの文化的背景が理解でき、英語に興味を持てると思っているからです。

英会話教材で、英語を聞き流すだけですから、文法を学ぶことはできません。(ただし、学校で学習した文法がこんなふうに使われているんだということはわかります。)

また、英語を嫌いになってしまっていても、聞き流すだけだから英語の勉強という意識なしに英語に接することができます。

さらに、学校で英語を勉強しても実際には使えない原因の1つに、実際の英語に接する量が少ないということがあります。

聞き流すだけですが、それを積み重ねることで「実際に触れる英語の量」を増やす効果もあります。

短期で英語の成績を伸ばすことはできませんが、長期的に考えれば英語の力を伸ばしてくれる教材です。

そう考えてブログの中でこの教材を紹介してきました。


詳細は公式ページで確認してください>>




入塾・受講を希望される方はこちら>>

YouTube動画登録者1000人達成

フェイスブックのほうにも書いたんですが、YouTubeの動画登録者数が、1000人達成しました。
https://www.facebook.com/shimizu.toshio

次の目標は3000人。

動画の投稿は不定期的、また内容は塾の学習内容によって不規則になって申し訳ないと思いながら続けてきてこの登録者数にたどり着きました。

次の目標に向けて頑張りたいと思います。

登録していただいた方、本当にありがとうございます。

チャンネル登録はこちらからお願いします。
https://www.youtube.com/user/IT4096






posted by 吉原教室 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 ニュース | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

『スピードラーニング・ジュニア』が全12巻から全24巻になりました!

スピードラーニングのシリーズでの学習を始めるきっかけとなった『スピードラーニング・ジュニア』が、12巻から、全24巻になっていました。

12巻だと1年の学習で終了してしまうので、ちょっと量が不足しているなと感じていましたが、24巻になってその心配は不要になったようです。

スピードラーニングは、学習者の年齢やレベルに関係なく英語を聞き流すことを中心にした英会話教材です。その中で『スピードラーニング・ジュニア』は中学生くらいまでを対象にしたもの。

小学生・中学生の学校や普段の生活を話題にしています。

P1020752.JPG

※これまでの12巻のスクリプト

続きを読む
posted by 吉原教室 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

数学の力を伸ばそう第9日

今日は、8日前に学習した内容の復習の動画で学習しましょう。

中学1年生
第1日目の復習として
符号のついた数の演習をやってみて下さい。

中学2年生
単項式と多項式
文字式と式の次数
を復習してください。

中学3年生
3年生の最初のテストの範囲に確率が入ります。
確率の意味
を確認しておきましょう。
3年生の方には、ちょっと動画製作が遅れてしまって申し訳ないと思っています。

まずは数学ゴールデンウィーク前までに、ほかの人よりちょっと前に出られるように勉強を進めましょう。






posted by 吉原教室 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

お世話になっているサイトリンク集