2018年12月14日

不登校傾向・学校に行きたくない子どもの割合は

学校に通っていても、行きたくないと感じることを「不登校傾向」というそうです。

この不登校傾向の子供が、中学生で33万人もいるそうで、実際に不登校になっていると国が公表している人数の約3倍。

中学生全体で考えると10人に1人が「不登校傾向」になります。

このことから、不登校になっている中学生は30人に1人ということですね。

不登校の原因は、テレビやニュースの情報だと「いじめ」ばかりのように思ってしまいますが、いじめは命にかかわる問題で自殺者が出たりするので大きく報道されますが、一番多い原因は「授業についていけない」などの学業に関する理由だそうです。

不登校傾向の内訳は、1週間以上連続で学校を休んだことがある生徒が約6万人、保健室や校長室で過ごす、遅刻や部分投稿などが13万人、学校には行くが学校が嫌いでたまらないという仮面登校が14万人となっています。

不登校傾向の原因で「授業が分からない」が1番多いというのは、大きな問題だと思います。

学校に行きたくない君へ

全国不登校新聞社 ポプラ社 2018-08-03
売り上げランキング : 3887
by ヨメレバ


学校へ行きたくないのは、学校が勉強だけの場になっているからでしょうか。

学校へ行けば友達に合える、ほかにも楽しいことがある、そうなれば勉強は嫌いでも学校へ行くのは楽しい。

そうなるのにと思うのですが。





ラベル:不登校傾向
posted by 吉原教室 at 18:32| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

中2英文法 there is(are)~ ~があります。 説明

because~ 読解練習⇒there is(are)~ ~があります。 説明

~がありますという表現 「there is(are)~」について説明しました。







posted by 吉原教室 at 18:09| Comment(0) | 中学生の部屋 | 更新情報をチェックする

内申点の制度は良いのか悪いのか

昨日、内申点で併願校が受験できないという相談を塾氏が友達から受けたことを書きました。

こういうことを書くと、内申点は悪い制度と短絡的な意見を持つ方がいますが、本当に高校受験で内申点を利用する制度は悪いものなのでしょうか。

「高校受験は、入りたい高校を受験すればいい、そのために勉強すればいいのではないか」という意見は、ある意味もっともだと思いますが、内申点が高く、実力もあれば安心できるというのが受験生を持つ保護者の気持ちでしょう。

実力だけで、高校受験をした場合、1発勝負ということになり、不合格者の数がものすごい人数になり、さらに人気高校と負人気高校の差が拡大し、高校間で学力格差が広がること明らかです。

それを防ぐために、内申点が働いていることも確かです。

問題は、内申点がどのようにつけられているかが不明瞭なことで、そこの部分が明らかになれば保護者の方も納得できるのではないでしょうか。

内申点のつけ方は、中学校で成績表はどうつけるの記事を参考にして下さい。

私は、内申点を利用した高校受験の制度が悪いとは考えていません。

内申点は、子どもの学習全体を見て成績として現れる数字だからです。





posted by 吉原教室 at 14:18| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

中2英文法 because~ 読解練習

because~ 練習問題⇒because~ 読解練習

英文を読んで、質問に答える練習をしましょう。







posted by 吉原教室 at 00:02| Comment(0) | 中学生の部屋 | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

学校で中3生3者面談始まる

富士地区は、中学3年生の入試のための成績が決まり、学校で3者面談が始まります。

その3者面談の前に、担任の先生方はちょっと入試で希望校が危ない生徒に対して声をかけているようです。

昨日の授業の後、塾生が友達のことを相談してきました。

「友達が公立高校と私立の○○高校を併願したいと先生に言ったら、それは無理だと言われた。その○○高校の併願できないのはなぜか塾で聞いてきたほしい」と、言われたのだそうです。

塾生の友達の内申点を教えてもらうと、併願校の希望コースを受験するのに内申点が1足りません。

私立高校は、受験目安となる内申点(目安といっても結構厳格です)があり、内申点が足りないと受験しても合格できません。

1点不足なら、数検や英検、漢検の3級以上を取得していればそれで内申点をカバーできる場合もあるのですが、その検定の資格もないということです。

併願校であれ単願校であれ、私立高校は内申点が受験できるかどうかを決めているんです。

希望する私立高校を受験できないので、併願できる高校をいくつか調べて生徒に伝え、質問を頼んだ子にその紙を友達に渡すように言いました。

残酷なようですが、静岡県の高校受験の現実はこうなっています。

どこの高校を受験するにしろ、内申点が足りなければかなり不利だということを多くの人に早くから知っておいてほしいと思います。






ラベル:調査書 高校受験
posted by 吉原教室 at 18:24| Comment(0) | 学習塾 | 更新情報をチェックする

お世話になっているサイトリンク集